【ウェルネスドッグフードの口コミ】評判は?安全性などを評価!

ウェルネスドッグフードの口コミ/ウェルネスドッグフードを評価!

日本でもウェルネスシリーズはプレミアムフードとして知られていますね。
私は海外在住ですが、こちらでもウェルネスはワンランク上のドッグフードとして販売されています。

ウェルネスはラインナップも豊富で、ドライフードのコンプリートヘルス、穀物不使用で高タンパク質フードのウェルネスコア、穀物不使用でご褒美やトッピングにぴったりなウェット製品のウェルネスプチアントレ、さらにはトリーツ(おやつ)も充実しています。
また、年齢別・主原料別の製品ラインナップで、パピーからシニアまでワンちゃんの状態によってフードを選択することが出来ます。

ウェルネスドッグフードの口コミ/ウェルネスドッグフードの評判

今回、私が購入したのはWellness Complete Health (Dry) Adultラム&大麦という日本では未発売のフードです。

Wellness Complete Health (Dry) Adult Lamb & Barley

我が家のワンコはチワワミックスの小型犬で10歳の女の子です。
まだまだ元気いっぱい、食欲も旺盛ですが、シニア犬ですのでタンパク質は控えめに25%以下、チキンにアレルギーがあるためチキン以外のフードを4か月に1度ローテーションしています。
我が家のワンコは特に好き嫌いはありませんので、飼い主の好みでメインタンパク質を決めています。

我が家のワンコ、10歳

ウェルネスのラム&大麦はたんぱく質22%でローテーション候補にぴったり。
我が家のワンコは小型犬のため1日の食事量は80gなので、ウェルネスの2.7kgサイズは1袋を約1か月で消費できるちょうどいい量です。
1袋食べ終わり、ワンコの調子が良かったためリピートして、2015年12月から2016年2月まで約3か月間与えてみました。

おすすめな犬は?

我が家のワンコの場合、4種類の乳酸菌効果が感じられました。
お腹の弱いワンちゃんにおすすめです。

ウェルネスドッグフードの口コミ/ウェルネスドッグフードの安全性

やはりナチュラルペットフードにふさわしい原材料を使用していると思います。
2000年から15年にもわたり、連続で第三者機関のThe Whole Dog Journalの推奨ドッグフードに選出されている点でも、飼い主にとっては信頼感アップにつながりますよね。

日本発売フードでもメインたんぱくはチキン・ターキー・サーモンから選べますし、穀物不使用の高たんぱく質シリーズやウェット製品、高齢犬用フードもあり、ラインナップの豊富さが魅力です。

フード選びに迷っている方、まだウェルネスを与えたことのない方はぜひ試してみる価値はありますよ。

ウェルネスドッグフードの口コミ/ウェルネスドッグフードのメリット・デメリット

ウェルネスドッグフードのメリット

ウェルネスがただのペットフードではなくナチュラルペットフードを名乗るからには納得の理由があります。

  • 第一原材料は生肉や生魚
  • 肉副産物は不使用。動物種が特定可能な肉のみを使用。
  • 小麦とうもろこし着色料・香料は不使用
  • 抗酸化栄養素、脂肪酸、4種類の乳酸菌を配合
  • 自然派成分を酸化防止剤として使用
  • しっかりとしたアルミの袋を使用しているため湿気や酸化防止効果が高い

特に良かった点は、おなかを壊しやすい我が家のワンコがウェルネスを食べている3か月間は一度も下痢をしませんでした。
ウェルネスには4種類の乳酸菌が配合され、しかも乳酸菌の数をキープするために過熱加工した後に添加されています。
真冬でも我が家のワンコのおなかの調子が良かったのは、4種類の乳酸菌のおかげかもしれませんね。
お腹の弱いワンちゃんにおすすめです。

またフードの粒は三角すいのような形で大きさもちょうど良く、カリカリとよく噛んでいい音を立てて食べてくれました。

実際のフードと1円玉

 

ウェルネスドッグフードのデメリット

悪い点は特にないのですが、これまでのフードよりも食いつきがあまり良くありませんでした。
もちろん毎回完食ですが、食べる勢いというかスピードが他のフードよりも遅かったような気がします。
いつもはまさに犬食いでしたが、ウェルネスはゆっくりとよく噛んでくれるので早食い防止にはちょうどよかったです。

実は私は新しいフードを試す際には、一口かじってみるのですが、ウェルネスは匂いとしょっぱさが他のフードよりも薄いような気がしました。

関連記事:【ドッグフードのおすすめは?】安全・安心で比較!犬の餌ランキング

タイトルとURLをコピーしました