「ラボラインピュアプロテイン」ドッグフードの口コミ・評判

アレルギーとドッグフードの関係性

ラボラインピュアプロテイン

昨今、アレルギー検査の進歩により、ワンちゃんのアレルギーもより厳密に管理できるようになってきました。

特に4型アレルギーを調べる「リンパ球反応検査」により、これまでの1型アレルギーを調べる検査だけでは管理できず、ステロイドに頼らざるを得なかったアレルギーも、リンパ球反応検査も合わせた食事管理で、症状がかなりの改善を認めるケースも多く見られます。

しかし、その一方で、アレルギー反応を起こしてしまう食材も多様化し、以前のように「牛肉や小麦はアレルギーになりやすい」あるいは「ラム肉はアレルギーになりにくい」というような通説がもはや通用しなくなっていることがわかりました。

つまり、ワンちゃんによっては、牛肉や牛乳、卵だけでなく、ラム肉やサーモン、トウモロコシ、大豆など様々な食材に対してアレルギー反応を示すことがわかってきました。

そして、いざ自分のワンちゃんが2、3種類の食材だけでなく、何種類もの食材にアレルギー反応を示した場合、使えるドッグフードがごく限られてしまう、もしくはアレルギー食材を含まないドッグフードを見つけられない、という事態が多く見られるようになりました。

これまでも。

動物病院用のアレルギー専用フードでも、アレルギーの元になるタンパクなどはどうしても数種類含まれていることがほとんどで、ちょっと検査でひっかかってしまったワンちゃんは、どれかの食材には反応を示すことが多いのです。

あるいはジャガイモや大豆だけOKなフードはありましたが、やはりジャガイモや大豆にひっかかるワンちゃんは多く、なかなか最適なドッグフードを見つけ出すことができませんでした。

##ad_kizi_in_A##

おすすめのドッグフード

ラボラインピュアプロテイン

そこで登場したのが「ラボライン ピュアプロテインシリーズ」です。

このドッグフードは、アレルギーに関係する食材を一種類に絞り、その他の食材もアレルギーの元になりにくいものを採用しています。

さらに腸内細菌を良好な状態に保つフラクトオリゴ糖も配合されています。

ラボラインピュアプロテイン

実は腸内細菌はアレルギーに大きく関係していることがわかっています。

ワンちゃんでも、腸内細菌を調えることで、アレルギーに関係する免疫細胞のバランスが改善することがわかっています。

ラボライン ピュアプロテインシリーズは、チキン、サーモン、小麦の3種類のラインナップがあります。

ほとんどのアレルギーのワンちゃんは、検査をしても、上記3種類のどれかはアレルギーでもOKとなることが多く、いろんな食材にアレルギーを持っているワンちゃんでも、どれかは使えることがほとんどです。

アレルギー検査をしたけど、ちょうどいいフードが見つからない、あるいは今までは1種類しか合うフードがなかった、そんな方々はぜひこのラボラインをご活用いただければと思います。

関連記事:【ドッグフードのおすすめは?】安全・安心で比較!犬の餌ランキング

タイトルとURLをコピーしました