【ナチュロルの口コミ】悪い口コミ・良い口コミ/ドッグフードの評判を評価!

ナチュロルの口コミ/ナチュロルの評判を評価!

ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードに関する口コミには、良い口コミも悪い口コミも集まっています。食いつきが良いという意見が多く見られる一方で、「全く食べてくれなかった」という真逆の意見も見られます。

しかし、食いつきに関しては、犬にも好みがあるため、全ての犬が喜んで食べるドッグフードといのは存在しないでしょう。どんなに評判の良いドッグフードでも必ず悪評が出てくるので、食いつきについては過度に期待しない方が良いです。

また、食いつきが悪い原因が、フードを変えたことで警戒している可能性もあります。

それに、急にフードを変えると下痢になることもあり、実際に「ナチュロルに変えたらうんちの状態が悪くなった」という口コミもあります。

ナチュロルドッグフードに限らずフードを変える際は、前のフードに少しずつ混ぜながら、数日かけて切り替えることが大切です。

国産では珍しくグレインフリーで作られた無添加ドッグフードで、品質が良く安心して与えられるということで人気です。

しかし、インターネットで検索してみると「ステマ」「怪しい」など心配になる言葉も見られます。ただ、高品質で人気の高い商品は、どうしても悪く書かれてしまうため仕方ないかもしれません。

気になる場合は、100円のお試しコースを利用して、愛犬に実際に与えてみると良いでしょう。ただし、悪い口コミにもあるように「試したかっただけなのに、勝手に商品が送られてきた」という人も多くいるようです。

試してみたいだけの場合は、定期コースキャンセルの連絡を電話でする必要があるので、公式ホームページで必ず確認してから申し込みましょう。

\お試しが【100円】?!ナチュロルをお得に購入♪/
ナチュロル 口コミ

ナチュロルの口コミ/ナチュロルの悪い口コミ

ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードを実際に愛犬に試した飼い主さんの口コミの中から、悪い口コミをピックアップして紹介します。

 

ナチュロル 口コミ

うちの愛犬は好き嫌いが激しい子なので、ドッグフード選びに困っていました。そこで、知り合いから食いつきが良いと聞いてナチュロルを試してみることにしました。でも、うちの子はあまり好きではないようで、ほとんど食べませんでした。いろいろトッピングしてみましたがダメでした。安心安全な食材を使っているので食べさせたかったのですが、食べてくれないので残念ながらあきらめました。また、食材にこだわっているので仕方ないのですが、お値段がお高めというのもデメリットです。高い値段なのに食べてくれなかったので、かなり損をした気分になりました。

この口コミのように、食いつきが悪くなったという意見が多くありました。

ドッグフードはどうしても相性がありますし、犬も味や食感の好みがあるので、全ての犬の食いつきが良いフードというものはありません。そのため、与えてみないと食いつきの良さはわかりません。

また、これまで香料や濃い味付けのフードを食べさせていた場合、無添加のフードに切り替えたことで、味の違いに戸惑っている可能性もあります。

フードを変える時は、急に切り替えるのではなく、1~2週間かけて少しずつ慣らしていくことが大切です。

「値段が高い」という口コミも多く見られました。

ナチュロルドッグフードは使用する素材の安全性にこだわっているため、どうしても価格が上がってしまいます。中型犬や大型犬など食べる量の多い犬の場合は、コスパが悪くなってしまいます。

ただ、ナチュロルの注文をこれからも継続する場合は、定期コースを利用することで、定価よりも安く購入できます。

 

ナチュロル 口コミ

食いつきは良い方ですが、お魚の臭いが強くて、部屋中に臭いが残ってしまいます。ナチュロルドッグフードにしてから犬の体臭も変わったような気がして、うんちの臭いもきつくなりました。

犬は喜んで食べているし体調も良いので、このフードが合っていると思うのですが、臭いだけは気になります。

この口コミの飼い主さんは、ナチュロルドッグフードの臭いがとても気になったようですが、同じように魚の生臭いような臭いを感じる人もいます。

しかし、魚のダシや魚介系のラーメンのような美味しそうな香りと感じる人もいるようで、ニオイの感じ方は人によってさまざまです。

また、フードを変えたことでうんちの臭いが強くなった場合は、消化吸収がうまくできていない可能性があります。

 

ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードに変えたら、下痢になってしまいました。フードを変えたことで体が慣れていないことが原因かもしれませんが、急に下痢になったので心配でした。

ナチュロルは栄養豊富で良質なタンパク質を摂取できるということで、犬の健康を考えたら良いと思いますが、下痢や軟便になるのは心配です。そのため、前のフードに戻すことにしました。そうしたら、便も正常に戻りました。

ナチュロルドッグフードには、カサ増しするために使われている「ビートパルプ」が含まれていません。

このビートパルプはうんちを固める作用があり、これまでビートパルプが含まれているフードを食べさせていた場合、ナチュロルに切り替えた時に、お腹がゆるくなることがあります。

 

ナチュロル 口コミ

うちの犬は食いつきも良く、とても美味しそうに食べてくれたのは良かったのですが、少し太ったような気がします。

ちゃんと体重を記録していなかったので、ナチュロルドッグフードが原因なのかわかりませんが、フードを変えてからだったのできっとそうでしょう。

また、うれしそうに食べるので、私が与えすぎていたことが原因かもしれません。

ナチュロルドッグフードは、市販のドッグフードと比べると、栄養価が高い分、カロリーも高めです。他のフードと同じように与えていると太ってしまうことがあるので、給餌量には注意が必要です。

 

ナチュロル 口コミ

初めは食いつきが良かったので定期便を利用したのですが、全く食べなくなってしまいました。定期便を解約しようと思い、4ヶ月も前に問い合わせフォームから解約の意思を伝えました。

それなのに、商品発送のメールが届いたので、すぐに電話で問い合わせたところ、『規約なので発送の停止はできません。解約手数料を振り込んでください』と言われてしまいました。

問い合わせフォームからしっかり伝えたのに、全く受け入れられず4ヶ月後に商品が送られてきました。消費者の意思表示を無視するなんて、ひどい会社だなと思いました。

ナチュロルドッグフードの定期コースを解約したい場合は、電話で申請することができます。

定期コースの解約申請は、次回の商品予定日の10日以上前に電話する必要があります。電話の回線が混み合っていてすぐにつながらない可能性もあるので、できれば15日前までに申請の準備を始めましょう

口コミを投稿した方のように問い合わせフォームやマイページからでは解約できないので注意が必要です。事前に解約方法や注意事項などをしっかりと確認しておくことで、トラブルを回避することができます。

また、「100円のお試しコースを注文した後に、自動的に商品が送られてきた」という口コミも見かけます。

公式ホームページにも書いてあるように、100円お試しコースは、自動で商品が届けられる定期コースに申し込むことが前提なので、利用する前に把握しておきましょう。

何も連絡しないと、お試し商品(30g)が発送されてから約8日後に2回目の商品が配送されるので、定期コースを休止する場合は、商品発送から5日以内に手続きする必要があります。

ここで気をつけてほしいことは、商品の到着日ではなく発送日から5日以内なので、連絡を入れる期限がかなり短いことです。商品が到着したら、すぐに愛犬に食べてもらいましょう。

ナチュロルの口コミ/ナチュロルの良い口コミ

ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードを利用している多くの飼い主さんは、その内容や愛犬の反応に満足しているようです。それでは、ナチュロルドッグフードの良い口コミを紹介します。

愛犬は好き嫌いが多いので、新しいドッグフードにするのが不安でしたが、最初からとても食いつきが良く、いつも完食でこれまで残したこともありません。

この口コミのように、喜んでナチュロルドッグフードを食べてくれる犬が多くいるようです。

長さ5~20mm程度の棒状のフードで、長いものも混ざっていますが、パフみたいに指で簡単に潰せるので、小型犬や子犬、シニア犬など噛む力が弱い犬も食べやすいようです。

実際に、「小食になってきたシニア犬も完食してくれました」という口コミも多く寄せられています。

 

ナチュロル 口コミ

数週間前から、愛犬の食欲がなくなってきたので、かかりつけの獣医師に相談したところ、ドッグフードを変えた方がいいといわれました。

そこで、インターネットでドッグフードについて調べて見つけたのがナチュロルドッグフードです。さっそく注文し、愛犬に与えたらとても食いつきが良くパクパクと食べてくれました。

また、ナチュロルドッグフードを与えるようになってから、うんちの状態が良くなり、毛並みも良くなったように感じます。

ナチュロルドッグフードを与えてから、毛並みや毛艶が良くなったという意見も多いです。

穀物や肉副産物などが含まれるドッグフードを与えていると、被毛の原料となるアミノ酸を十分に摂取できず、毛がボサボサになってしまいます。

その点、ナチュロルは、全体の50%に複数のタンパク質を使用しているため、毛並みや毛艶が良くなる可能性が高いです。

 

ナチュロル 口コミ

アレルギーのある犬で、食べられるフードが限られています。アレルギーが出ると、体をかいて背中の毛が薄くなってしまうほどです。

動物病院やペットショップで相談して、いろいろなフードを試しましたが、アレルギー症状が改善するフードはなかなか見つかりませんでした。

そんな時、アレルギーのある犬も安心して食べられるというナチュロルドッグフードに出会いました。

長年の悩みだったアレルギーも少しずつ良くなり、半年続けた頃には痒さもなくなったようです。毛艶も良くなり体臭も薄くなった気がします。

ナチュロルドッグフードは化学調味料不使用で、穀物も使用していないグルテン・グレインフリーのドッグフードです。そのため、穀物アレルギーの犬や持病を抱える犬にも安心して与えることができます。

 

ナチュロル 口コミ

お腹の調子が悪くて下痢をすることが多かったので、ビタミンCを多く配合しているナチュロルを試すことにしました。

食いつきが心配でしたが、問題なく食べてくれました。そして、ナチュロルに変えて1週間くらい経った頃から、下痢も減り健康的なうんちになりました。

前は口臭が気になることがありましたが、ナチュロルにしてから口臭も気にならなくなりました。

犬の腸内環境が悪いと、便の臭いや体臭がきつくなることがあります。

ナチュロルドッグフードは乳酸菌配合で、腸内環境を整えて健康をサポートします。善玉菌のエサとなるオリゴ糖も配合されているので、お腹の調子を整えます。

 

ナチュロル 口コミ

うちの愛犬は食が細く胃腸も弱いので、吐くことも多く動物病院によく通っていました。ナチュロルドッグフードを与えてみたら、食いつきもよくたくさん食べてくれるようになりました

元気になって吐くことも少なくなり、毛並みもきれいになりました。ずっと気になっていた涙やけも改善して、ナチュロルドッグフードにして本当に良かったです。

多くのドッグフードには穀物や小麦粉などが使われており、突然アレルギーを発症する原因になります。

しかし、ナチュロルドッグフードは、グレインフリーで安全性にこだわった原材料を使用しているので、アレルギーのリスクを軽減できます。

アレルギーは涙やけを悪化させてしまうので、涙やけが気になる場合もナチュロルドッグフードを選ぶと良いでしょう。

 

\お試しが【100円】?!ナチュロルをお得に購入♪/
ナチュロル 口コミ

【ナチュロルの口コミ】ナチュロルの原材料や成分は安全?

ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードは、新鮮で品質の高い生肉を使用し、合成添加物を一切使用していないグレインフリーのドッグフードです。獣医師推奨でもあるので、安全性の水準はかなり高いと言えます。

ナチュロルドッグフードはFAMIC(独立行政法人 農林水産消費安全技術センター)認定に準拠した国内工場で生産しており、使用されている食材はできる限り国産のものを使っています。

また、人間が食べることができるヒューマングレードの食材を厳選して使っているので、愛犬に安心して与えられる評価が高いドッグフードを探している飼い主さんにおすすめです。

ただ、実際にナチュロルドッグフードを愛犬に与えた飼い主さんの意見として、食べない・吐くなどの口コミもあったので、詳しく成分を分析して評価します。

\お試しが【100円】?!ナチュロルをお得に購入♪/
ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードの成分は安全?

ナチュロル 口コミ

ナチュロルの成分と含有率は、粗たんぱく質23~27%、粗脂肪10%以上、粗繊維2~4%、水分9.0%以下、安定・持続型ビタミンC1,000mg/kg(換算値)、天然バイオフラボノイド200mg/kg(換算値)、代謝エネルギー約400kcal/100gです。

タンパク質を多く含み、犬本来の食生活を考えた成分バランスとなっています。粗脂肪もAAFCO(全米飼料検査官協会)が定める幼犬用最低基準である8.5%以上を満たしています。

そのため、子犬にも安心して与えられますし、少量しか食べられない子犬も脂肪やカロリーを十分に摂取できます。

また、合成酸化防止剤や人工添加物などの危険な成分も一切含まれていないので、安全性の高いドッグフードと言えます。それでは、ナチュロルドッグフードの成分の特徴を紹介します。

ナチュロルドッグフードのタンパク質

タンパク質は、三大栄養素の1つとして、犬にとっても欠かすことのできない栄養素です。

タンパク質は、筋肉、内臓、骨、皮膚など、あらゆる組織や細胞の源となり、犬の体をつくるのに重要な役割を担っています。

犬の祖先のオオカミは狩りで獲物を捉える肉食獣でしたが、人間と暮らす中で肉食寄りの雑食性を持つようになりました。
とは言うものの、今でも人間よりも多くのタンパク質が必要です。

ペットフードの栄養基準を決めているAAFCCOによると、水分を取り除いた状態のフードに含まれるべきタンパク質の含有量は、成犬は18%以上、子犬は22%以上となっています。

ナチュロルドッグフードに含まれているタンパク質の乾燥重量比は25.3~29.7%なので、子犬からシニア犬まで幅広い年齢に対応しています。

タンパク質は犬にとって重要なエネルギー源ですが、摂りすぎにも気をつけないといけません。タンパク質の過剰摂取は、消化しきれないエネルギーが体内に残り、太る原因になってしまいます。

また、消化する時に肝臓や腎臓に負担をかけて、内臓の病気を引き起こすリスクもあります。

ドッグフードに含まれているタンパク質源はさまざまです。量が最適だとしても質の悪いものが使われている場合は、消化吸収がうまくいかなくなってしまいます。

その点、ナチュロルドッグフードは原材料にこだわり、良質なタンパク質が含まれているので、安心して与えることができます。

ナチュロルドッグフードの粗脂肪

「粗脂肪」は「そしぼう」と読み、純粋な脂肪以外の成分も含んでいることを表します。

「粗」という漢字は、「粗末」や「粗悪」などの悪い意味の言葉に使われることが多いため、粗脂肪も悪い成分なのではないかと思われている方もいるようですが、そのような意味は全くありません。

脂肪の役割は、タンパク質と同じように、犬の体をつくったり活動するためのエネルギー源となったりします。犬の健康を維持するために不可欠な栄養素なので、適度な量を摂取する必要があります。

脂肪は生命維持に必要なものなので、十分に摂取しないと体が正常に働かなくなります。足りないときの症状としては、皮膚が乾燥してかゆみを発症したり、毛艶が悪くなったりします。

また、神経や筋肉、体細胞など体の組織の生成が低下し、免疫力も下がります。そして、心臓病や糖尿病といった重大な病気の原因にもなります。

ナチュロルドッグフードの粗脂肪の含有量は10%以上で、成犬用基準の5.5%以上も幼犬用基準の8.5%以上も満たしています。子犬からシニア犬まで安心して食べさせることができます。

ナチュロルドッグフードのカロリー

運動量の多い犬は、それだけカロリーが必要になります。消費したエネルギーよりもカロリーを多く摂ると、体内で脂肪として蓄積され太りやすくなります。

逆に、カロリーの摂取量が少なすぎると、エネルギーが不足して病気にかかりやすくなります。

ナチュロルドッグフードのカロリーは、100gあたり400kcalです。一般的なドッグフードのカロリーは100gあたり330~360kcalのものが多いので、ナチュロルドッグフードのカロリーは高めと言えます。

カロリーが高いドッグフードは、栄養を多く必要とする成長中の子犬や、フードをあまり多く食べられない小食の小型犬には向いています。

ただし、カロリーが高いフードはダイエット中の犬には不向きですし、給餌量が少なめなので、たくさん食べる犬には物足りないかもしれません。

だからといって、給餌量を守らず多く与えると、カロリーオーバーで太ってしまうので、与えすぎには注意しましょう。

ナチュロルの人工添加物について

犬は匂いから食べ物を判断するので、着色料や発色剤などの見た目を良くするために使われる人工添加物を使用する必要はありません。

それでも、ドッグフードに人工添加物が使われているのは、飼い主さんの関心を引くためです。

香料については、犬の食いつきを良くするために使われますが、質の悪い食材を使っていることをごまかす目的で使われる場合も多いです。

人工添加物のほとんどが、石油や化学物質を原料としているので、犬の健康に悪影響を及ぼす危険性があります。
ナチュロルドッグフードは、これらの人工添加物は使用していないので、安全なドッグフードと言えます。

また、合成酸化防止剤も犬の体に悪影響を与える可能性があります。ナチュロルドッグフードの原材料を確認してみると、合成酸化防止剤の名称が表示されていません。

酸化防止剤としてビタミンEが代わりに使われていますが、自然由来の栄養成分なので安心して与えることができます。

安定・持続型ビタミンC

犬は人間と違い、ビタミンCを体内で合成する機能を備えています。しかし、実際には、自分で合成できるビタミンCの量は非常に少ないです。

それに、年齢や体調によって合成する働きが低下し、ビタミンCが欠乏しやすくなるので、ある程度食事からも摂取する必要があります。

ナチュロルドッグフードは、安定・持続型ビタミンCが1,000mg/kg配合されています。安定・持続型ビタミンCとは、熱や酸素、光などに壊れにくく、酸化分解を受けにくいビタミンCのことです。

安定・持続型ビタミンCが食品に使われるのは珍しく、ドッグフードに配合されるのはナチュロルドッグフードが世界で初めてです。免疫力が低下した犬や、ストレスを抱えやすい犬におすすめです

天然バイオフラボノイド

ナチュロルドッグフードは、天然バイオフラボノイドを200mg/kg配合しています。天然バイオフラボノイドとは、「ビタミンP」とも呼ばれており、野菜や果物に含まれている水溶性食物色素のことです。

ナチュロルドッグフードの特徴として、安定・持続型のビタミンCを配合していますが、天然バイオフラボノイドは、そのビタミンCを効率よく吸収するお手伝いをしてくれます。

「バイオ」という言葉が付いていると、科学的なものではないかと心配される方もいるかもしれません。しかし、食物由来の抽出物なので、愛犬の健康を害する危険性はありません。

ナチュロルドッグフードは、免疫力アップに欠かせないビタミンCの働きをサポートする天然バイオフラボノイド配合で、愛犬の健康を強力に支えます。

ナチュロルドッグフードの原材料は安全?

ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードのナチュロルドッグフードに使われている原材料は下記の通りです。

新鮮牛生肉、新鮮鶏生肉、新鮮馬生肉、新鮮魚生肉、タピオカ、魚粉、紫さつまいも、チーズ、ココナッツ、りんご繊維、鶏粉末、胡麻、ひまわり油、乳清、安定・持続型ビタミンC、天然バイオフラボノイド、海藻、脱脂粉乳、オリゴ糖、乳酸菌

原材料一覧を確かめてみても、犬に必要のない合成添加物などは一切使用せずに、必要な栄養素を摂取できる原材料だけを厳選していることがわかります。

また、人間が食べられるヒューマングレードの食材を使用し、穀物不使用のグレインフリーでアレルギーのある犬も安心して食べられます。安定・持続型ビタミンCと天然バイオフラボノイドも配合されており、獣医師も推奨している安全性の高いドッグフードです。

それでは、ナチュロルドッグフードの原材料について詳しく紹介します。

ナチュロルは生肉の比率55%

本来、犬は肉食だと言われていますが、人間に飼われて一緒に暮らすようになり、犬の食生活も多様化していきました。

肉だけでなく植物や穀物などのも食べるようになり、それと同時に、消化器官も肉以外のものを消化できるようになって、雑食化していったと考えられています。

ただ、現代の犬も本来の食性を考慮して、普段の食事から動物性たんぱく質を摂取する必要があります。

ナチュロルドッグフードは、牛、鶏、馬、魚という消化に良い4種類の生肉を原材料の55%使用しています。動物性タンパク質をしっかりと摂ることができ、犬の食性にも合い食いつきが良いと高い評判を得ています。

また、使用されている生肉は、全て低温でじっくり加熱調理しているので、肉類に含まれる栄養素を壊すことなくおいしさもキープします。

ナチュロルはヒューマングレード

ナチュロルドッグフードは原材料を厳選しバランスよく配合しているだけでなく、全てヒューマングレードの新鮮で高品質の食材を使用しています。
ヒューマングレードとは、人間が食べても安全なグレードということで、ナチュロルドッグフードは人間も食べることができるほど安全なドッグフードと言えます。

私たち人間が食べている食品は、健康を損なわないように、食品衛生法に定められた規定を守らないといけと行けません。

しかし、ドッグフードは人間が食べるために作られていないので、人間用とは異なる取り扱いになります。

ナチュロルドッグフードでは、愛犬を家族の一員として、人間と同じ安全なフードを与えてほしいという思いから、人間用の食品としては販売しない廃棄用の材料や、人間が食べられない粗悪な肉やミールなどは使用していません。

危険な原材料の例として挙げると、「○○ミール」「○○パウダー」「○○エキス」「○○畜産副産物」など、曖昧な表現が使われているものです。何が使われているかわからない原材料には要注意です。

なぜなら、これらは「4Dミート」と呼ばれ、食肉の捨てる部分や動物の死体が混入している可能性のある粗悪な材料だからです。

また、「大豆ミール」も危険です。大豆ミールとは、人間が大豆を食べるために必要な成分を搾り取り、最後に残った完全な残りカスのことです。本来は捨てる部分ですが、ドッグフードのかさ増しのために使われていることがあります。

大豆ミールは栄養が全くないだけでなく、「鼓腸症(こちょうしょう)」という病気につながる可能性があります。

この病気は、胃や腸に5倍以上のガスがたまり、悪化すると動脈が圧迫されて血行障害を起こし、脳に十分な血液が行き届かなくなりショック死してしまう恐れもあります。

ナチュロルは低温フレッシュ製法で製造

ナチュロルドッグフードは、「低温フレッシュ製法」という製造方法と乳酸菌の配合によって、犬のお腹の調子を整えます。

乳酸菌は腸内環境を整える作用があることで知られていますが、低温フレッシュ製法という言葉は聞いたことがない方も多いでしょう。

これは、低温でじっくりと加熱することによって、素材の栄養素を壊さずに製造する方法です。

市販されているドッグフードは高温加熱で製造しているものが多く、熱に弱い酵素や乳酸菌が死んでしまうので、腸内で十分に効果を発揮することができません。

一方、低温フレッシュ製法のナチュロルドッグフードは、乳酸菌や酵素を熱で破壊することなく、生きたままの状態でフードに配合することができるので、しっかりと愛犬の腸内環境を整えます。

ナチュロルドッグフードのアレルギーへの配慮は?

ナチュロルドッグフードの原材料一覧を確かめてみると、人工添加物は一切使われておらず、国産の肉と魚がメインになっていることがわかります。

市販のドッグフードには、着色料や保存料、着色料、酸化防止剤など、さまざまな添加物が使用されています。

これらは、食いつきや見栄えをよくしたり、保存しやすくしたりするために使われていますが、犬の健康に良い効果をもたらすものではありません。

それに、体にとって不必要なものは消化されにくいですし、拒否反応としてアレルギー症状が現れることがあります。

犬の食物アレルギーの原因は、食べ物に含まれるタンパク質だと言われています。コップの水がいっぱいになってあふれるように、体の許容量を超えるとアレルギー症状が出てしまいます。

そのため、アレルギーの原因であるタンパク質源が分散されていることで、アレルギーの発症を抑えることができると考えられます。

ナチュロルドッグフードの原材料には、牛生肉、鶏生肉、馬生肉、魚生肉と動物性タンパク質を4種類使用し分散しているので、アレルギーが発症しにくいフードと言えます。

ナチュロルドッグフードはグレインフリー&グルテンフリーのドッグフードです。「グレインフリー」とは穀物不使用、「グルテンフリー」は小麦不使用という意味です。

本来、犬は肉食動物なので穀物は消化しにくく、食物アレルギーを起こしやすいと言われています。特に、小麦に含まれるグルテンはアレルギー性が高いため、最近のドッグフードには小麦不使用のものが増えてきています。

ナチュロルドッグフードには、小麦や穀物を一切使っていないので、アレルギーのある犬にも安心安全に与えることができます。

ナチュロルドッグフードは子犬に与えても大丈夫?

ナチュロルドッグフードは離乳食を終えている子犬であれば、問題なく与えることができます。安定・持続型ビタミンCも配合されているので、免疫力の低い子犬にはおすすめです。

市販のドッグフードの中には、「全犬種・全年齢対応」と書かれていても、AAFCCOの定める栄養基準を満たしていないものもあります。その場合、総合栄養食には当てはまらないので、他の食材から必要な栄養素を摂取しないといけません。

ナチュロルドッグフードは栄養基準を十分に満たしているため、栄養面については安心です。

粒の大きさや形状も子犬に向いています。ナチュロルドッグフードの形状は、全長10mm程度の円柱型です。

サイズが小さめで砕きやすいので、しっかり噛まずに飲み込んだとしても喉に詰まりにくいです。顎の力の弱いシニア犬や小型犬向きでもあります。

ただし、幼犬の場合は消化器官が未発達なので、1日3~4回に分けて与えましょう。

ナチュロルドッグフードで下痢になることはある?

ナチュロルドッグフードによって下痢になる原因には「ビートパルプ」と「与えすぎ」の2つが考えられます。

ビートパルプは「サトウダイコン」や「甜菜」という野菜から取れる食物繊維でうんちを硬くする作用があります。ビートパルプが配合されていないので下痢になりやすくなると考えられます。

またナチュロルドッグフードを与えるようになってから下痢になった場合、「与えすぎ」というのが最も多い原因です。

ナチュロルドッグフードは、犬に必要な栄養成分がバランス良く含まれているので、1粒1粒の栄養価が高く、前のドッグフードと同じ量を与えると食べすぎになってしまいます。そして、消化不良を起こし下痢になりやすくなるので、ナチュロルドッグフードの給与量をよく確認してしっかりと守りましょう。

 

ナチュロルドッグフードはシニア犬にも与えて大丈夫?

ナチュロルドッグフードはシニア犬専用ではないですが、全犬種・全年齢の犬に対応しているので、シニア犬にも安心して与えることができます。

ナチュロルドッグフードのカロリーは100gあたり400kcalと、他のドッグフードと比べても高めです。

カロリーが高いと太ってしまいそうで心配な方もいると思いますが、カロリーが高い分、1回の給餌量が少なくて済みます。そのため、食が細くなったシニア犬は、少量で必要な栄養が摂れるのでおすすめです。

ただ、与える場合の注意点として覚えておいてほしいことは、かさ増しのための食材が含まれていないので、市販のドッグフードと同じ量を与えると食べすぎになってしまいます。

慣れるまでの与え方として、計量カップやはかりで適正量をしっかりと量りましょう。

もともと肉食動物だった犬は肉類の消化は得意ですが、穀物の消化は苦手です。ナチュロルドッグフードは小麦や穀物を使用していないので、消化に良いドッグフードだと言えます。

それに、消化の悪い人工添加物を一切使用しておらず、新鮮な肉類を全体の55%も配合しているので、消化機能が衰えてきたシニア犬にもピッタリです。

ナチュロルドッグフードは安定・持続型ビタミンCも配合しています。

これは、通常のビタミンCに比べて、熱や酸素、光などに強く壊れにくいという特徴があります。また、体内でビタミンCとぶどう糖にゆっくりと分解されるため、ビタミンCを持続的に摂ることことができます。

ビタミンCには強い抗酸化作用もあるので、犬が持つ本来の機能を促して、細菌やウイルス、紫外線など外部からのダメージを防ぐことができるようになります。

さらに、ビタミンCはコラーゲンの生成にも関係しています。コラーゲンは、皮膚にハリや弾力を与えたり毛艶を良くしたり、関節の動きをスムーズにしたりする働きがあるため、毛並みや関節が気になるシニア犬にはピッタリです。

ナチュロルドッグフードの匂い・香りについて

ナチュロルドッグフードの香りに関して、実際に与えてみた方の口コミを見てみると、「美味しそうな出汁の香りがする」という良い印象を受けた方もいれば、「生臭い」という嫌な匂いに感じた方もいるようです。

また、あまり香りがしないという口コミもあり、香りの感じ方は人によって違うようです。

市販されているドッグフードは、保存性や食いつきを良くするために、高温で調理したり人工添加物を使用したりしているので、香りや色、形を統一して製造できます。

しかし、見た目や香りが良くても、犬の健康には良いとは言えません。

人工添加物を一切使用していないナチュロルドッグフードの場合、気温や湿度の微妙な違いでも香りは変わるため、製造する際に、乾燥時間や湿度を細かく調整しています。

ただ、原材料に新鮮な肉や魚を使用しているため、色や香りについてロットや季節によってばらつきが出る場合があるのです。

また、ナチュロルドッグフードは鮮度を保ち栄養素を壊さないために、低温調理でゆっくりと乾燥させているので、少し嫌な臭いに感じる方もいるかもしれません。

しかし、商品の品質には全く問題ありませんし、新鮮さや栄養素は守られているので、安心して愛犬に与えられます。

ナチュロルドッグフードの安全性を評価

ナチュロルドッグフードの安全性を評価してみましたが、とても安全安心だと感じられる内容でした。

市販のドッグフードの中には、廃棄処分されるべきレベルの部位やかさ増し目的の穀物、合成添加物など化学的に合成した成分が大量に使われているものもある一方、ナチュロルドッグフードは、ヒューマングレードと呼ばれる人間でも食べられる食材のみで作られており、危険な原材料は一切使用されていません。

 

「ほとんどの原材料が国産」「新鮮な生肉を全体の55%配合」「グレインフリー&グルテンフリー」「100%無添加」「国内製造」などの特徴は安全性への本気度を物語っているとも言えそうです。

グレインフリーのドッグフードは国産では珍しく、原材料にこだわり余計な人工添加物も一切使用せず、安全性が高く安心して愛犬に与えることができるフードです。

新鮮な生肉や自然の食材を使用しているので、風味を味わうことができ、犬の食いつきも良いと評判です。

 

安全性が高いナチュロルドッグフードは初回のお試しサンプルが用意されているので、実際に食べさせて食いつきを確かめると良いでしょう。

【ナチュロルの口コミ】ナチュロルの価格を比較

ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードはインターネット販売限定なので、ドラッグストアやホームセンター、ペットショップなど近くのお店では購入できません。

ナチュロルドッグフードが購入できるのは、公式サイトの他には、楽天とamazonのみです。公式サイト、楽天、amazonで購入する際の値段はそれぞれ異なるので、どこで購入するのが一番安いのか比較します。

まず、公式サイトから単品で購入する場合、販売価格は3,300円(税込)に別途送料770円が必要で合計4,070円です。ただし、北海道の方は送料が830円、沖縄の方は1,291円と送料が高くなります。

代金引換は利用できませんが、後払い決済サービスが用意されており、通常購入の場合は330円の手数料がかかります。

楽天で購入する場合の販売価格は4,380円(税込)で送料無料です。代金引換で注文する場合は、代引き手数料として全国一律568円(税込)がかかります。

amazonの場合は3,900円(税込)で送料無料です。代金引換で注文する場合は、商品1個につき330円(税込)の代引き手数料が必要です。

つまり、単品を通常購入する場合は、amazonで購入するのが最安値ということになります。

\お試しが【100円】?!ナチュロルをお得に購入♪/
ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードはお試しできる?

ナチュロルドッグフードは、商品を購入する前に自分の愛犬に試すことができるお試しセットを用意しています。

これは、定期コースの申し込み前提で、初回100円(送料無料)で食いつきテストができるもので、お試しの量は30gとなっています。

もし、愛犬に試してみて食いつきが悪い場合は、初回お試しセットの発送日から5日以内に電話で連絡すれば、定期コースを解約することができます。

初回発送日から8日後に自動的に850g×2袋が発送されます。お試しセットの30gだけでは、食いつきの良さを確認できても、涙やけや毛並みへの効果がわからない場合もあります。2袋分あれば、犬の体へのさまざまな効果もしっかり確認できると思います。

公式サイトから申し込めば、お試し後の返金保証も利用できるので安心です。

その後は、1ヶ月に一度850g×2袋が配送されますが、配送の期間や個数は自由に変更できるので、愛犬の様子を見ながら購入できます。

ナチュロルドッグフードのナチュロルらくトク犬康コースとは

ナチュロルドッグフードの定期コースは「らくトク犬康コース」と呼ばれています。

初回は30gのお試し用を100円で購入し、愛犬の食いつきが良いか試せるので、本商品を購入してから全く食べず無駄になる心配もありません。

愛犬に合わないようなら、初回での解約が可能です。その場合は、初回発送日から5日以内に連絡しましょう。食いつきも良く問題なく食べてくれるようなら、そのまま待っていると初回発送日から8日後に2回目の2袋が届けられます。

2回目以降は、2袋、4袋、6袋…と同時にまとめ買いすることでの割引率が上がっていきます。

例えば、2袋購入する場合は、通常価格だと6,600円(税込)ですが、らくトク犬康コースでまとめ買いすると5,478円(税込)になり、1,122円も安くなります。しかも、定期コースを利用すれば、送料も割引や無料で届けてくれます。

そして、20袋まとめて購入する場合、最大で30%オフになり19,800円もお得に購入できます。

また、継続回数(しばり)もなく、休止や変更、解約もいつでもできます。いずれの場合も、次回商品が届けられる日の10日前までに連絡してください。

さらに、返金保証もあり、初回のお試しセットでは問題なかったけど、2回目に与えたら食べなくなったり、涙やけや毛並みが気になったりした場合に条件を満たせば返金されます。

ナチュロルドッグフードの単品/定期購入時の値段を比較

ナチュロルドッグフードを単品購入すると、販売価格3,300円に送料770円で合計4,070円ですが、定期コースで申し込むと、2回目からはずっと割引価格で購入できます。

しかも、まとめ買いの量が多くなればなるほど割引率が上がります。例えば、13kgの中型犬の場合、ナチュロル1袋が1週間分くらいなので、一ヶ月あたりだいたい4袋必要になります。

通常購入だと4袋で13,200円になります。それが、定期コースで4袋まとめて購入すると10,560円になり、送料も無料になって、通常購入よりも2,640円も安くなることになります。

また、通常購入の場合、毎回送料が770円かかってしまうので、定期コースで購入する方がかなりお得です。

まとめ買いで最もお得なのは20袋購入する場合で、30%オフになり通常購入よりも19,800円も安くなります。
公式サイトによると、未開封の場合は常温で1年保存でき、開封後の賞味期限は2ヶ月となっています。

ナチュロルドッグフードは850gと容量が少なめなので、多めに購入しておいても賞味期限には食べ切れると思います。3ヶ月分や半年分などお得に購入してストックしておくと良いでしょう。

商品の発送時期を変更したい場合は、次回届けられる予定日の10日前までに連絡しましょう。

ナチュロルドッグフードの返金保証について

ナチュロルドッグフードのらくトク犬康コースには、全額返金保証が用意されています。

対象となるのは、らくトク犬康コースを初めて利用し、850g×2袋の定期購入の初回100円お試しコースを申し込んだ方で、初回30gは問題なく食べたけど2回目の定期本商品(850g×2袋)を食べない場合です。

また、商品の支払いが済んでおり、初回の注文日から30日以内に電話で連絡する必要があります。

返金に必要なものは、初回100円30gのお試しの明細書、850g×2袋の明細書、開封済みの850gの商品1袋目、未開封の850gの商品1袋、注文者本人名義の銀行口座の情報を記載したメモです。

この5点を電話で伝えられた返送先まで、佐川急便飛脚宅配便、日本郵便ゆうパック、ヤマト運輸宅急便のいずれかの方法で返送します。返送する際にかかる送料は、注文者の負担となります。

返送品の到着が確認されたら、4週間を目安に指定口座に返金される流れです。

ナチュロルドッグフードの解約方法

ナチュロルドッグフードの定期コースには、継続の縛りがありません。

初回の30gを食べず2回目をキャンセルしたい場合や、定期コース「らくトク犬康コース」を解約したい場合も、簡単に解約手続きできます。

解約手続きの流れとしては、電話で解約したいと伝えるだけです。解約理由を聞かれる場合もあるので、「食いつきが悪かった」「全く食べてくれなかった」というように正直に伝えましょう。

解約は問い合わせフォームやマイページからでは受け付けていないので、必ず電話で連絡してください。電話の受付時間は、平日9時から18時までとなっているので、時間に余裕をもって連絡しましょう。

解約する際に必ず確認してほしいことは、「定期コースの解約は次回お届け日の10日前までに連絡」「初回30gを試した後、2回目のキャンセルは初回発送日の5日以内に連絡」ということです。

定期コースの申し込み中に解約したい場合は、次回お届け日の10日前までに電話連絡しないと、次回の商品が発送されてしまうのでよく確認しましょう。

また、初回お試し30gを試してみたけど愛犬が食べてくれず、2回目をキャンセルしたい場合は、初回発送日の5日以内に電話連絡する必要があります。

ナチュロルの口コミの中には、商品が到着してから5日以内だと思い込み、キャンセルしたはずなのに商品が送られてきたという人も多いので、必ず発送日を確認しましょう。

例えば、4月1日に解約の申し込みをして、4月2日に初回30gが発送されたというメールが届いた場合はこの日「発送日」になり、キャンセルできるのは4月6日までとなります。

【ナチュロルの口コミ】ナチュロルとモグワンを比較

ナチュロル 口コミ ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードもモグワンドッグフードも原材料にこだわったプレミアムドッグフードで、品質も同じくらい優れています。

そのため、「愛犬にはどっちが合っているの?」「2つの違いは何?」と購入に迷っている飼い主さんもいるでしょう。

どちらも高品質ですが、成分・原材料や生産工場などの安全性を細かく比較してみると、おすすめできる飼い主さんは真逆と言えます。

愛犬の体型や運動量、食事量、コスパの良さなどから合っている方を選ぶことが大切です。

例えば、ナチュロルはモグワンに比べてタンパク質と脂質が控えめなので、運動量の少ない犬や肥満気味の犬、少食の犬におすすめです。

逆に、タンパク質をたっぷり摂取できるモグワンは、活発で運動量の多い犬に最適です。

価格については、「100gあたり」「一日あたり」の価格で比較すると、モグワンの方が安くなります。ナチュロルは国産の原材料にこだわっているので、それだけ価格が高くなるのでしょう。

高品質なドッグフードでコスパの良いものを探している飼い主さんは、モグワンを選ぶと良いでしょう。価格よりも国産で安全な原材料にこだわりたい飼い主さんは、ナチュロルドッグフードがおすすめです。

\お試しが【100円】?!ナチュロルをお得に購入♪/
ナチュロル 口コミ

ナチュロルとモグワンの原材料や成分を比較

モグワンは全体の56%にチキンとサーモンを使っており、穀物を使用しないグレインフリーで無添加の安全性の高いドッグフードです。

また、「グルコサミン」「コンドロイチン」「MSM」という骨や関節をサポートする3種類の成分が含まれているのが特徴です。そのため、チワワなど骨が細い小型犬や関節トラブルの多いシニア犬におすすめです。

一方、ナチュロルは牛肉、鶏肉、馬肉、魚という4種類の肉を使っています。「肉の種類が多いと食物アレルギーのリスクが高まるのでは?」と言われることもありますが、この考えは事実ではありません。

実際に、牛肉や鶏肉はアレルギーの原因になりやすいですが、アレルギーは1つの食材を繰り返し摂取することで起こりやすくなると考えられています。

例えば、鶏肉ばかり与えていると、これまでアレルギーではなくても、突然アレルギー反応を引き起こすことがあるのです。

ナチュロルドッグフードは4種類の肉をバランスよく配合しているので、アレルギーリスクが低い言えます。

ナチュロルとモグワンのコスパを比較

ナチュロル850g×2袋(1.7kg)の価格は、通常購入だと6,600円で定期購入だと5,478円、モグワン1袋(1.8kg)の価格は、通常購入だと4,356円で定期購入だと3,920円です。

価格と内容量が異なるのでそれぞれ100gあたりの値段で計算してみると、ナチュロルの通常購入は388円で定期購入だと322円、モグワンの通常購入は242円で定期購入だと217円になります。

ナチュロルとモグワンの100gあたりの価格を比較すると、安いのはモグワンということがわかります。一日あたりでも価格に差が出ますが、一ヶ月あたりで考えるとその差はかなり大きくなります。

ナチュロルは人間も食べられるヒューマングレードの原材料を使い、国産にもこだわっているので、どうしても値段が高くなってしまうようです。

「コスパも大切だけど、愛犬に合ったものを与えたい」という飼い主さんは、ナチュロルを100円でお試しできるので実際に食べさせてみると良いでしょう。

モグワンの場合、お試し100円モニターキャンペーンが行われている時もありますが、休止している場合もあるので、公式サイトで確認してください。

【ナチュロルの口コミ】ナチュロルの給餌量はどれくらい?

ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードを販売しているブランドの公式サイトでは、給餌量を簡単に計算できるツールを用意しています。

やり方は、犬の体重を選択して、犬の年齢、状態を選択するだけで、1日あたりに必要なフードの量とナチュロル1袋(850g)の消費日数が瞬時にわかります。

ただし、このツールで計算して出された給餌量や、ナチュロルドッグフードの公式サイトに記載されている給餌量は目安の量なので、愛犬の便の状態や体重の変化などによって、調整することが大切です。

また、犬のライフステージに合わせた与え方や注意してほしいポイントがあるので、よく確認してください。

・子犬の場合
子犬は1回に食べられる量が少ないので、1日3~4回に分けて与えましょう。子犬時は、短期間で急成長する大事な時期なので、目安量よりも少し多めに与えても良いです。体重や便の様子を確認しながら調整してください。

・成犬の場合
成犬期は1日分を2回に分けて与えましょう。また、この時期になると避妊手術や去勢手術をする犬も多くなります。

手術の後は、活動量が減り消費エネルギーも減るため、太りやすくなります。定期的に体重を量って、食事の量を見直したり、適度に運動させたりしましょう。

・シニア犬の場合
シニア犬や老犬になると、加齢に伴い機能が低下してくるため食が細くなります。1日分を数回に分けて1回の量を少なくしたり、ぬるま湯でふやかしたりして食べやすくしてあげましょう。

\お試しが【100円】?!ナチュロルをお得に購入♪/
ナチュロル 口コミ

ナチュロルドッグフードの賞味期限

ナチュロルドッグフードの賞味期限について、開封前は常温で1年、開封後は2ヶ月となっています。開封後の賞味期限はなぜ短いのかというと、どんなに密封して保存したとしても、どうしても空気に触れてしまうからです。

それに、ナチュロルは酸化防止剤や人工添加物を使用していない無添加のドッグフードなので、酸化が進みやすいからです。

私たち人間は、「賞味期限が過ぎても、少しくらい大丈夫だろう」と思いがちですが、犬に与えるドッグフードの場合は大丈夫ではありません。

期限切れを与えてダメな理由は、空気に触れることで酸化が進み、カビや虫が発生してしまう恐れがあるからです。また、見た目に変化がなくても、成分が変質してしまう可能性もあります。

品質が悪くなったフードを食べさせると、愛犬がお腹をこわしてしまうので、賞味期限は必ず守りましょう。

ナチュロルドッグフードの保存方法は?

ナチュロルドッグフードを保存する際は、直射日光と高温多湿を避けて保存しましょう。

袋はジッパータイプで食品用の脱酸素剤も入っているので、賞味期限を守りジッパーをしっかり閉めておけば安全に保存することができます。

ただし、酸化防止に徹底していても、一度封を開けると酸化を避けることはできません。酸化するとフードの風味が落ちて犬の食いつきが悪くなり、栄養素も失われていきます。

開封後のドッグフードを冷蔵庫で保存している飼い主さんもいるようですが、冷蔵庫での保存はやめましょう。

なぜなら、冷蔵庫に出し入れする際に、外の温度と冷蔵庫内の温度の差によって、フードの表面に水滴ができ、結露が発生してカビの原因になるからです。

ナチュロルドッグフードは、できるだけ空気を抜いてジッパーをしっかりと閉め、直射日光の当たらない涼しい場所で常温で保管することが大切です。

ナチュロルドッグフードの切り替え方

前のドッグフードからナチュロルに切り替えると、食べてくれないこともあります。嗅覚に優れた犬は味や匂いの変化に敏感なので、慣れないフードに戸惑ってしまいます。

特に、犬の食いつきを良くするために添加物を使って嗜好性を高めているフードを食べさせていた場合は、自然の優しい美味しさのナチュロルは物足りないと感じるかもしれません。

すぐには慣れない犬も多いので、少しずつ時間をかけて慣らしていくことが大切です。

上手な切り替え方としては、これまで与えていたフードにナチュロルを少しずつ混ぜて与える方法です。

最初は、これまでのフードに1割程度のごく少量のナチュロルを混ぜて与えます。いつも通り食べて、体調の変化も見られない場合は、次の日はナチュロルを加える量を少し増やしましょう。

愛犬の体調を確認しながら、毎日少しずつナチュロルの割合を増やしていって、最終的にナチュロル100%に切り替えます。

慣れるまでは1~3週間くらいかかりますが、根気よく続けることで、愛犬も「これが自分のご飯なんだ」と思うようになります。

もともとお腹が弱い体質の犬の場合、フードを切り替えると下痢になることもあるので、最初はナチュロルの割合を1割以下と数粒混ぜる程度から始めると安心です。

\お試しが【100円】?!ナチュロルをお得に購入♪/
ナチュロル 口コミ

関連記事:【ドッグフードのおすすめは?】安全・安心で比較!犬の餌ランキング

タイトルとURLをコピーしました