【子犬のドッグフード】おすすめの子犬(パピー)の餌は?

【子犬のドッグフード】子犬のドッグフードの選び方は?

子犬 ドッグフード

犬にとって成長段階にある子犬のころの食事は、健康的な体をつくるのに重要な意味を持ちます。美味しそうにたくさん食べてくれればいいというものではなく、正常な発育のためには栄養バランスや原材料の質にもこだわりたいところです。

子犬が元気に過ごし健康な体を持つ成犬に成長するためには、体に負担になってしまう原材料や添加物は避けて安心・安全を心がけましょう。

国産のものが良い場合は原材料まで国産かどうか確認するとより安心です。

また同じ子犬でも小型犬と大型犬では成長スピードや必要としている栄養量が異なるので、愛犬の犬種に合わせて適切なドッグフードを選んであげることが大切です。

今回は小型犬を飼っている飼い主さんに向けて、小型犬の子犬にはどのようなドッグフードが適しているかを解説します。愛犬にぴったりのドッグフードを選ぶために参考にしていただけると幸いです。

関連記事:【国産のドッグフード】安全でおすすめはどれ?

栄養バランスが良いドッグフードを選ぶ

子犬 ドッグフード

子犬は急速に成長する時期で、筋肉や骨格を十分に育てるために多くの栄養素やエネルギーを必要としています。子犬の正常な発育のために、栄養バランスの良い食事を用意してあげることが大切です。

成長のために必要な栄養素は主にタンパク質で、高品質の動物性タンパク質が適しています。子犬専用ドッグフードのカロリーやタンパク質が成犬用よりも多くなるようにつくられているのは、成長期にはそれだけ多くのエネルギーやタンパク質を要求されているからなのです。

重要なのは子犬でも小型犬と大型犬では成長速度に差があり、理想的な栄養バランスも異なるという点です。

小型犬の子犬は生後9~12ヶ月という早い段階で成犬の体重まで成長するので急速な成長を支えるためにより多くのエネルギー、より多くのタンパク質が求められます。骨格形成に欠かせないカルシウムやリン、脂肪も十分な量を摂取しなくてはなりません。

中型犬の子犬は生後12~18ヶ月で成犬の体重に育ちます。小型犬よりはやや成長スピードが遅いですが、大型犬の子犬よりは速いのでエネルギーやタンパク質、脂肪、カルシウム、リンは多めの量を必要としています。

大型犬の子犬は生後18~24ヶ月かけて成犬の体重まで成長します。小型犬よりも成犬になるまでにかなりの時間がかかりますが、急激に体が大きくなるため発達に異常をきたさないよう適切なバランスの食事を摂ることが大切です。

カロリーやカルシウムを多く取り過ぎると成長スピードが速すぎて骨や関節に問題を抱えてしまうリスクがあるため、小型犬や中型犬より摂取カロリーや脂肪は少なめで十分です。カルシウムやリンもちょうどよい量に調整することが求められます。

それぞれの犬種に適した栄養バランスのドッグフードを選ぶためには、小型犬は小型犬の子犬用のフードを、大型犬は大型犬の子犬用のフードを選ぶのが最も安心でわかりやすいのでおすすめです。

良質なタンパク質が豊富に含まれているか

子犬 ドッグフード

タンパク質は筋肉や骨、内蔵、皮膚、被毛など犬の体を作るのに欠かせない栄養素です。体が成長する子犬の時期には特に多くのタンパク質を必要としています。

タンパク質が豊富であることはもちろん、タンパク質の素材選びも重要です。もともと肉食動物だった犬にとって、体質に合っていて消化しやすいのは動物性タンパク質です。豆類などの植物性タンパク質は消化吸収しづらく、必須アミノ酸のバランスという面でも動物性タンパク質に劣ってしまいます。

より犬に適したタンパク質源を選ぶために、チキンやビーフなどの肉類やサーモンなどの魚類といった消化吸収の良い動物性タンパク質が原材料に使用されているドッグフードを探してください。

ドッグフードにはタンパク質源の他にも穀物や野菜などを使って作られていますが、特にタンパク質を豊富に含むものが望ましいです。動物性タンパク質源である肉や魚がメインになっているフードがよいでしょう。

原材料一覧は主原料から先に記載されているので、1番目に肉や魚が表記されていることを確認してください。

また成分は粗タンパク質が25%以上になっていれば、子犬に必要なタンパク質量としては十分です。タンパク質が豊富なフードかどうかを判断する際の目安にしてください。

良質な動物性脂肪が含まれているか

子犬 ドッグフード

脂肪は犬にとって重要なエネルギー源なので、子犬は良質な動物性脂肪を十分な量摂取することが求められます。脂肪も動物性のものは吸収しやすく、エネルギーとしても利用しやすいので最適です。

ポイントは油脂類の種類をチェックすることです。よくドッグフードには動物性油脂というものが使われますが、動物性油脂は何の動物の油脂なのかがわからないうえに質の悪い肉の油である可能性が高いです。

サーモン油やラム脂肪のように、原料がわかる表記をしている方が安心できます。あいまいな表記をしている原材料はできるだけ避けるようにしましょう。

また必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は、皮膚や被毛を美しく健康に保つ役割を果たす大切な成分です。犬の体内では生成できないので、食事から摂取する必要があります。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は、バランスよく配合されていることが重要です。理想のバランスはオメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=2:1~6:1といわれています。食べ物には基本的にオメガ6脂肪酸の方が多く含まれているので、自然とオメガ6脂肪酸を多く摂取してしまうことになりがちです。

しかしオメガ6脂肪酸の割合が多すぎると細胞が炎症を起こしてしまうので、AAFCO(米国飼料検査官協会)では最大限度値を30:1と定めています。毛並みと皮膚の健康維持のために含有率も確認しましょう。

体に負担がかからないもの

穀物が多いものはアレルギーに注意

子犬 ドッグフード

原材料に小麦やトウモロコシといった穀物を使用したドッグフードは、犬にとって負担になる場合があります。

穀物は犬のアレルギーの原因になりやすい食材だといわれており、穀物入りのフードを食べているせいでお腹の調子が悪かったり涙やけが起きていたりする犬が少なくないのです。穀物アレルギーの犬は、穀物不使用という意味のグレインフリーのドッグフードを選ぶようにしましょう。

グレインフリーとよく似たものに、グルテンフリーがあります。グルテンは麦類に含まれるタンパク質の一種で、穀物の中でも特に犬にとってアレルギーリスクが高いのがグルテンだといわれています。麦類以外の穀物なら大丈夫なのに麦類を摂取するとアレルギー症状が出てしまう場合は、グルテンフリーのフードにするだけでアレルゲンを避けられます。

グレインフリーを選べばグルテンも含まれていないので、穀物全般が合わない場合やどの穀物がアレルゲンになっているかわからない場合はグレインフリーを選んでおくと安全です。

また穀物はアレルギー以外にも、消化の負担になるというリスクを持っています。もともと肉食動物である犬は動物性タンパク質と比較して穀物の消化を苦手としており、消化不良を起こしてしまうことがあります。

穀物も加熱したものは消化しやすくなるので、ドッグフードに使用されている加熱調理済みの穀物は基本的には犬でも消化できます。しかし穀物の含有量が多いドッグフードは、胃腸が丈夫でない犬には負担になる可能性があるため注意してください。

消化器官が未発達でデリケートな子犬は、特に消化不良を起こして下痢をしたり吐いたりすることが多いです。ドッグフード選びにおいて消化しやすさも重視して、穀物の含有量が少なめのものやグレインフリーフードを選ぶことをおすすめします。

関連記事:【グレインフリーのドッグフード】おすすめの穀物不使用の犬の餌は?

添加物が少ないもの

子犬 ドッグフード

ドッグフードは食いつきを良くするためや品質保持のために添加物を使用しているものが多くあります。添加物は役割があるからこそ使われているのですが、犬の健康に害を及ぼすリスクがある添加物も存在するので注意が必要です。

できる限り避けたい特に注意すべき成分をいくつかご紹介します。酸化防止剤はドッグフードの品質劣化を防ぐ役割を持ちますがBHT、 BHA、エトキシキン、没食子酸プロピルは危険性が高いです。

上記の4種の添加物は合成酸化防止剤で、高くて安定した酸化防止効果を持っています。高い効果を得られる一方で、発ガン性やアレルギーリスク、内蔵障害を引き起こす危険性があるとされており、安心して愛犬に摂取させてもよい成分とはいえません。

定められている上限量を守れば問題ないという説もありますが、大切な愛犬には摂取させたくないという飼い主さんが多いでしょう。

酸化防止剤には合成のものより安全性が高い自然由来の添加物が存在します。子犬のドッグフードを選ぶ際は酸化防止剤不使用のもの、もしくはトコフェロールやローズマリー抽出物といった自然由来の酸化防止剤を使用しているものを探してみてください。

添加物には他にも着色料や香料があります。着色料は飼い主さんに美味しそうなフードに見せるために使われているだけで、実際に食べる犬にはメリットはなく害があるだけなので無添加のものがおすすめです。

香料は食いつきをよくするために使用されますが、人口の香料は体に悪いです。新鮮で高品質の肉や魚が原材料のドッグフードなら、素材本来の香りだけで犬は食欲がわいてきます。安全のために香料も不使用で、素材の良さで勝負しているフードを選びましょう。

ドッグフードの添加物が原因で涙やけを起こしたり、アレルギーになってしまったりする場合もあります。ぜひ危険な添加物は不使用のドッグフードや、無添加のドッグフードを選ぶことで愛犬の健康を守ってあげてください。

関連記事:【無添加のドッグフード】選び方は?おすすめの餌は?

子犬でも食べやすい大きさ・硬さのドッグフード

子犬 ドッグフード

ドッグフードは粒が食べやすい大きさや硬さのものを選ぶこともポイントです。食べづらいフードを与えると食いつきが悪かったり喉に詰まらせて危険だったりするので、愛犬に合った粒のものを探しましょう。

子犬はまだ食べ物を噛むことが上手にできないので、特に食べやすさを重視してください。口の小さい小型犬の子犬なら小粒のフードが適しているでしょう。小粒なら丸呑みしても喉に詰まる心配もなく、消化もしやすいです。

一般的にドッグフードにおける小粒は0.8cm以下の場合が多いですが、全年齢対象や全犬種対象の商品は成犬や大型犬のニーズも考慮して小粒と表記されていても1.0cmほどの大きさの場合もあります。

実際に商品の粒のサイズを調べて小型犬の子犬にとっても食べやすいサイズであるかどうかを確認するか、小型犬子犬用に作られたフードを選ぶのがおすすめです。

ドッグフードを与えた時に愛犬の食べ方を見ることも大切です。食いつきが悪かったり食べづらそうにしていたり、食べる途中でむせてしまったりしている時は見直しをするサインです。

粒が大きくて食べづらかったりむせてしまったりするようなら、さらに小さい粒のものを探してあげるか包丁などを使って割ってあげましょう。ドッグフードを水やぬるま湯でふやかして柔らかくしてあげると喜んで食べることもあるので、試してみてください。

また粒の大きさや硬さは消化にも関わるので、愛犬のウンチを見てきちんと消化できているかもチェックしてください。ウンチが柔らかすぎるようなら上手く消化できていないサインなので、もっと小さい粒を与えたり柔らかくして与えたりして様子を見ましょう。

食べ切れる内容量のもの

子犬 ドッグフード

ドッグフードは賞味期限を守ることはもちろん、開封後はできるだけ短期間で食べ切ることが大切です。開封後はフードが空気にふれて酸化が進んでしまうので、時間が経つほど品質が劣化してしまいます。

質の悪くなったフードを食べると、犬が体調を崩してしまう恐れがあるので注意が必要です。味や匂いも変わってしまい、美味しく食べることもできなくなります。

開封後は賞味期限に関わらず、1ヶ月を目安に食べ切ることをおすすめします。そのためには愛犬が1ヶ月で食べ切れる内容量のドッグフードを購入する必要があります。

成犬よりもエネルギーを多く摂取したい子犬でも、小型犬の1日あたりの給与量はそれほど多くはありません。価格がお得になるからと大容量のフードを買ってしまうと、食べ切る前に酸化が進んでしまい危険です。

劣化したフードを食べさせてしまうことや、食べ切れなかった分を処分することになってしまうのを防ぐために適した容量のものを選びましょう。もしくは中身が小分けになっているものがおすすめです。

ドッグフードは商品の公式サイトなどに犬の年齢や体重ごとの1日あたりの給与量の目安が掲載されているので、購入前に愛犬が1ヶ月で消費するドッグフードの量を算出しておくとよいでしょう。

安いからといってたくさん入っているものは避けたいですね。

関連記事:【ドッグフードのおすすめ/安いやつ】コスパが良い餌はホームセンターにある?

家に迎える前に食べていたものを選ぶ

子犬 ドッグフード

子犬のドッグフード選びで悩んだ時は、飼い主さんがお家に引き取るまでに食べていたものを与えるのもおすすめです。ペットショップの店員さんやブリーダーさん、保護施設の方などその子のお世話をしていた方に食べさせていたドッグフードの商品名を聞いておきましょう。

ペットショップやホームセンターなどで購入できるものもありますが、商品によっては通販でしか入手できないものもあります。購入先も控えておくと、どこで買えるのかわからなくて困るということがないので安心です。

また与えていたフードは硬いカリカリのまま食べていたのか、水やお湯でふやかしていたのか与え方も確認しておくことが大切です。今までふやかして与えていたのに急にカリカリのまま与えると、食いつきが悪くなったり消化不良を起こしたりする可能性があるので気をつけてください。

犬は消化器官がデリケートで、子犬となるとますます繊細なので食べ慣れないドッグフードを与えると消化不良を起こしてしまうことがあります。お家に来る前にも食べていたフードなら体が慣れているので安心です。

獣医師おすすめの子犬用ドッグフードも◯

子犬 ドッグフード

より安全なドッグフードを選びたいという方は、獣医師監修のドッグフードや動物病院が推奨するドッグフードがおすすめです。

犬の健康の専門家である獣医師の監修のもと開発されたドッグフードなら、栄養バランスも良く健康に害を及ぼすものは使われていない商品だと信頼できます。

商品の開発に直接獣医師が携わっていなくても、ネットで「獣医師 推奨 ドッグフード」のようなキーワードで検索すれば、獣医師監修のもと作成されたおすすめドッグフードランキングなどが見つかるので参考になります。

愛犬の犬種や体質に合ったドッグフードを教えて欲しいなら、行きつけの動物病院で相談してみるのもよいでしょう。その子の健康状態を考慮しつつ安心して与えられるおすすめのフードを紹介してくれるはずです。

【子犬のドッグフード】子犬のドッグフードでおすすめはこれ!

子犬 ドッグフード

小型犬や超小型犬の子犬が食べられるドッグフードの中から、人気のドッグフードをいくつかご紹介します。子犬が健康に成長できるように、原料の品質や栄養バランスが優れていることだけでなく、無添加で安全性が高いということを重視してより良いものを探しています。

国産のフードが安心だという飼い主さんもいれば、ペット先進国であるイギリスなどで生産されたフードを信頼しているという飼い主さんもいるので原産国についても記載しました。

多種多様なドッグフードが販売されていますが、今回は特にランキングで見かけるものや人気のドッグフードの中から厳選して紹介していきたいと思います。多くの愛犬家や獣医師に高く評価されている信頼できる商品を集めましたので、参考にしていただけると幸いです。

ドッグフードはドライタイプだけでなくウェットフードもあるので、両方からおすすめの商品を選んでいます。また通販でしか購入できないフードと入手しやすい市販のフードも分けて紹介しますので、通販サイトと実店舗のどちらで買えるのかもご確認ください。

 

このこのごはん

子犬 ドッグフード

このこのごはんは国産の全年齢対応で小型犬用ドッグフードです。100gあたり343kcalと比較的ヘルシーですが、子犬に必要な栄養素を摂取できるバランスの良いフードとなっています。

主な原材料はヒューマングレードで国産の鶏ささみと鶏レバーです。高タンパクで高品質な食材を使用しているので体に良いのが嬉しいです。大麦と玄米を使用していますが、小麦は不使用のグルテンフリーになっています。

小麦とトウモロコシというアレルギーや消化不良の原因になりやすい食材が含まれないので、アレルギーリスクは低く消化にも優しいフードといえるでしょう。乳酸菌配合なのでお腹の健康を守ってくれる効果も期待できます。

粒は小型犬や子犬が食べやすい直径約7mm~8mmの平たい円形をしています。無添加なのも安心ですね。

このこのごはんはビタミンやミネラル、オメガ3脂肪酸を豊富に配合することで内容をパワーアップしており、かつお節の量を増やすことで美味しさもますますアップしているのが特徴です。

1袋の内容量は1kgで、価格は3,850円(税込)となっています。100gあたり385円です。定期コースに申し込むと2袋6,556円の通常より15%OFFの値段で購入可能なのでおすすめです。

公式サイト:https://shop.konokototomoni.com/

 

カナガン

子犬 ドッグフード

カナガンはイギリス産の全年齢・全犬種に対応したドッグフードです。100gあたり376kcal
で、獣医師にも高く評価されている人気商品となっています。

主な原材料はヒューマングレードのチキンです。子犬の成長で重要な役割を持つのがタンパク質ですが、カナガンは原材料の50%以上がチキンという文句なしに高タンパクな食事として信頼できます。高タンパクだと犬の食いつきも良いので、多くの子犬が喜んで食べてくれるでしょう。

穀物不使用のグレインフリーなのでアレルギーの心配や消化不良の危険性も少ないです。粒は直径約1cmのリング状で、小型犬や子犬でも噛んで食べやすいように硬すぎないのが特徴です。無添加なのも安全性を高めてくれています。

サーモンオイルや海藻を使うことでオメガ3脂肪酸を摂取できるように工夫されており、良質な油脂で皮膚や被毛の健康もキープできます。

1袋の内容量は2kgで、価格は4,708円(税込)です。100gあたり235円と比較的コスパもよいのがメリットです。割引が適用される定期コースも用意されていますので、ぜひご利用ください。

公式サイト:https://www.canagandogfood.co.jp/

関連記事:カナガンドッグフードの口コミ

 

モグワン

子犬 ドッグフード

モグワンはイギリス産の全年齢・全犬種対応ドッグフードです。100gあたり363kcal。2018年の調査では愛犬家が選ぶドッグフードNo.1に選ばれています。

主な原材料はヒューマングレードのチキンとサーモンで、動物性タンパク質が50%以上の高タンパクフードとしても評価されています。質の良い肉と魚を使用し、グレインフリーなので消化への負担もかかりません。乳酸菌も配合されているので、ますますお腹の健康が期待できるでしょう。

粒は直径約1cmのリング状で、中央に穴が開いているうえ平たいので小型犬や子犬でも食べやすくなっています。無添加なので安全性も高いです。

必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸がバランスよく配合されているのも嬉しいです。モグワンを食べれば毛並みが美しく外見から健康的な犬に育ってくれるでしょう。

1袋の内容量は1.8kgで、価格は4,356円(税込)。100gあたり242円で品質が良い割には手の届きやすい値段なのも魅力的ですね。定期コースに申し込むと初回1袋が半額になり、2回目以降も割引価格で購入できるのでぜひ公式サイトをご確認ください。

公式サイト:https://www.mogwandogfood.co.jp/

 

ナチュロル

子犬 ドッグフード

ナチュロルは国産の全年齢・全犬種対応ドッグフードです。100gあたり400kcalと比較的高カロリーなので、たくさんのエネルギーを必要とする小型犬の子犬や運動量の多い犬に嬉しいです。

主な原材料としてヒューマングレードの牛肉、鶏肉、馬肉、魚肉の4種を使用しています。全て新鮮な生肉なので良質な動物性タンパク質を摂取できるのが体に良いです。

アレルギーは単一のタンパク質源を長期間摂取することで発症してしまうといわれているので、ナチュロルはタンパク質源の偏りをなくすことでアレルギーリスクを軽減させています。

グレインフリーなので穀物アレルギーの犬も大丈夫ですし、穀物による消化不良も心配せずに済みます。乳酸菌とオリゴ糖が配合されているので、腸内環境も整えてくれます。

粒は約5mmの棒状で、小型犬や子犬でも食べやすい小さめサイズとなっています。丸呑みしても喉に詰まらない大きさですし、無添加なので愛犬に安心して食べてもらえます。

ナチュロルの特徴は、安定・持続型ビタミンCという効果が高く安定しているビタミンが配合されているという点です。免疫力や鉄分の吸収を高めてくれるビタミンCが十分に摂取できるので、ますます健康になれることが期待できます。

1袋の内容量は850gで、価格は3,300円(税込)です。100gあたり412円と高めなのが難点です。価格が高いぶん安全性や品質は高いので、愛犬に試してみたい方はお得な価格で購入できる定期コースの利用をおすすめします。

公式サイト:https://reason-why.jp/

関連記事:ナチュロルドッグフードの口コミ

 

アランズ

子犬 ドッグフード

アランズはイギリス産の全年齢・全犬種対応ドッグフードです。100gあたり342kcakとヘルシーかつバランスの良いフードとして定評があります。獣医師が開発協力している点でも信頼できます。

主な原材料としてヒューマングレードのラム肉を使用し、牛肉や豚肉、鶏肉にアレルギーがある犬でも安心して食べられるようになっています。グレインフリーなので穀物アレルギーの犬も大丈夫です。

ラム肉を含めシンプルな9種の原材料を厳選して作っているので、原材料一覧を一目見ただけで何が使われているかがわかりやすく、アレルギー食材を避けやすいという点でも親切です。

良質なラムがメインで穀物不使用なので消化にも優しく、消化器官が未発達な子犬にも負担がかかりません。粒は直径約1cmのリング状で、小型犬や子犬も食べやすくなっています。無添加なのも安心です。

必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪もバランスよく配合されており、フードを美味しく食べながらツヤのある美しい被毛を目指せます。

1袋の内容量は2kgで、価格は4,356円(税込)。100gあたり217円と健康への配慮がたくさん詰まっているのにコスパがよいのも嬉しいです。さらにお得な価格で購入したい方は、公式サイトから定期コースに申し込むことをおすすめします。

公式サイト:https://www.naturaldogfood.co.jp/

【子犬のドッグフード】子犬のドッグフードで人気のものを比較

消化しやすさ 穀物の有無 粒の大きさ 添加物の有無 値段(100gあたり)
このこのごはん グルテンフリー 7~8mm丸型 385円
カナガン グレインフリー 1cmリング状 235円
モグワン グレインフリー 1cmリング状 242円
ナチュロル グレインフリー 5mm棒状 412円
アランズ グレインフリー 1cmリング状 217円

5種のドッグフードを比較すると、消化しやすさという点ではどれも良質な動物性タンパク質を使用しており小麦やトウモロコシといった消化に悪い穀物を使用していないので同じレベルで消化に優しいといえるでしょう。

このこのごはん以外の4種はグレインフリーですし、このこのごはんもグルテンフリーで最もリスクのある小麦は含まれていないので穀物アレルギーの心配もせずに済みます。

粒は5mmの棒状であるナチュロルが1番小さく、ドッグフードを噛むのが苦手で丸呑みしてしまう子犬にも安心です。ただ他のフードもリング状にしたり平たくしたりすることで小型犬や子犬でも食べやすいように工夫されているので、それほど食べづらいということもないでしょう。

添加物についても危険な成分を使用した商品はなく、無添加なので安心して愛犬に食べてもらえます。

ナチュロルはタンパク質源を4種に分けることで長期間食べ続けてもアレルギーを発症するリスクが少ないように配慮されており、整腸作用のある成分や安定・持続型ビタミンCが配合されている点でとてもおすすめのフードです。しか価格が高いので気軽に購入できないというデメリットがあります。

安全性や健康への効果と同じくらいコスパも重視したい方には、カナガン、モグワン、アランズの中から愛犬の好みに合いそうなものを選ぶのがよいでしょう。チキンが好きな子にはカナガン、チキンも魚も好きな子にはモグワン、ラム肉が好きな子にはアランズを試してみてはいかがでしょう。

このこのごはんは国産のフードを選びたいという方におすすめです。同じ国産ならナチュロルよりもコスパがよく、ヘルシーなのに栄養バランスは優れているので安心です。かつお節の香りがしてドッグフードの独特の匂いが気にならないという点でも、飼い主さんたちに好評のようです。

 

上記以外の商品で愛用している方が多いロイヤルカナンというのもおすすめです。

関連記事:【ロイヤルカナンの口コミ】犬用ドッグフードの評判/安全性の評価

病院などにも卸しているので安心感があるフードとして定評があります。

【子犬のドッグフード】子犬へのドッグフードで無添加のおすすめは?

子犬 ドッグフード

モグワン、ペトコトフーズ、アカナパピー、オリジンパピー、カナガン、このこのごはんあたりが無添加のものでおすすめです。

とくにおすすめなのはモグワンです。

というのも、無添加でありながら栄養素が豊富で安心できる要素が豊富だからです。

子犬の成長に必要な動物性タンパク質の含有量が27%以上あり、AAFCOの栄養基準値(成長期)にも適合しています。

もちろん人工添加物は不使用で、消化器官が未発達な子犬でも安心できるグレインフリーになっています。

フード粒も小さめで食べやすく、これから健康的に成長してもらいたい飼い主さんにぴったりだと思います。

【子犬のドッグフード】子犬がドッグフードを食べない時の原因・対処法

子犬 ドッグフード

子犬がドッグフードをなかなか食べてくれないことに悩む飼い主さんもいます。ドッグフードの食いつきが悪い原因としてはフードが食べづらい、わがままになっている、体調が悪い、ストレスで食欲が低下しているなどが考えられます。

新しくお家に迎えたばかりの子犬は、急な環境の変化でストレスがかかり食欲が出なくてドッグフードを残すことも少なくありません。栄養不足で低血糖になる恐れもあるので、注意が必要です。

逆に食べ過ぎて嘔吐してしまうことや、慣れないドッグフードを食べて下痢をしてしまうことも珍しくないです。体力も免疫力も十分でない子犬が体調を崩してしまった場合は、早めに動物病院で相談するようにしましょう。

フードが食べづらかったり、わがままになっていたりすることが食いつきが悪い理由になっている場合に、子犬が喜んで十分な量のフードを食べてくれるように自宅でできる工夫があります。

食いつき改善に効果的な対策をいくつかご紹介します。適量の食事を摂ることは子犬が健康に成長するためにとても重要なことなので、ぜひ試してみてください。

ぬるま湯でふやかすのがおすすめ

ドライフードを水やお湯でふやかすと、柔らかくなって食べやすくなります。ふやかしたフードはお腹にも優しいので、消化不良を起こしやすい子にもおすすめです。

ふやかす方法を説明します。まずは冷たすぎず熱すぎない30~40℃くらいのぬるま湯を用意しましょう。水ではなく温かいぬるま湯でふやかすことでドッグフードの香りが立つので、犬の食欲を刺激するというメリットがあります。

熱湯は食べる時に犬が火傷をする危険性があることに加えて、フードの栄養素が壊れてしまうことになりかねないので避けましょう。ドッグフードにぬるま湯をかけて10~15分待つと、食べやすい柔らかさになるので愛犬に与えてください。愛犬の好みやフードの粒の大きさに合わせて、ちょうどよい硬さになるようふやかす時間は調整しましょう。

また水分を多く摂取しすぎて下痢をしてしまうこともあるので、愛犬のお腹がゆるいことに気づいたら使うお湯の量を少なめにしてみてください。

ドッグフードをふやかすことで、硬いドッグフードを食べるのが苦手な犬や温かくて香りが強いフードが好みの犬は食いつき改善が期待できます。

一方で、柔らかくしたフードばかり与えていると自分でものを噛む力がいつまでも強くならないというデメリットがあります。さらにドライフードよりも歯に汚れが付きやすいので、歯石ができたり歯周病になったりするリスクも高まります。

本来であれば生後3~4ヶ月でふやかしたフードは卒業する方がよいといわれています。無理に上手く食べられないのに硬いフードに切り替える必要はありませんが、体調に問題がなく硬いままのフードでも食べられるなら、徐々にふやかさずにドッグフードを食べさせるようにしていきましょう。

2~3種類のフードローテーションで飽きを防止

子犬 ドッグフード

同じドッグフードばかり食べていると飽きてしまい、食いつきが悪くなる場合もあります。飽きやすい犬には2~3種類のドッグフードをローテーションして与えるのがおすすめです。

フードローテーションには飽きずに美味しくごはんを食べられる以外にも、特定の食材ばかり食べてしまうことを防いでアレルギーを発症するリスクを軽減できたり、栄養バランスの偏りをなくせたりするというメリットがあります。

デメリットとしては突然新しいドッグフードを与えることで消化不良を起こす可能性があるので、切り替えは慎重に行う必要があるという点があげられます。またもしも食物アレルギーの症状が出た時に、どのドッグフードのどの原材料がアレルギーの原因であるかがわかりづらいのも注意点です。

消化器官への負担やアレルギーには十分に配慮しつつ、ローテーションで食いつきを改善していきましょう。ローテーションの方法は、朝晩でフードを替えても良いですし定期的に替えてもよいです。

朝と晩で替えるのなら朝はチキンをメインにしたもの、晩はラムをメインにしたもののようにタンパク源の異なる2種のフードを与えるのがおすすめです。消化器官への負担が心配な場合は、同じメーカーのフードで切り替えるようにするとお腹に優しいので安心です。

定期的に替える場合は1袋食べ切ったら別のものに切り替えたり、季節ごとに切り替えたりするのもよいでしょう。胃腸の負担にならないように、切り替え時には今まで与えていたフードと混ぜて少しずつ新しいフードに慣らしていってあげてください。

フードローテーションは愛犬の体調をしっかりチェックしながら行うことが大切です。同じドッグフードを毎日与えても飽きずにしっかり食べてくれるのなら、無理をしてローテーションをする必要はありません。メリットとデメリットを押さえたうえで、愛犬にとってフードローテーションをした方がいいかどうかを判断してください。

餌を混ぜてみる

2種類以上のドッグフードを混ぜて与えるのもテクニックのひとつです。味の変化が出るので食いつきが良くなる可能性があります。

また野菜や肉をトッピングしたり、犬用のふりかけをかけてあげたりすることも美味しいごはんにするために効果的です。ただしアレルギー症状が出た時にどの食材がアレルゲンなのかを突き止めるのが難しかったり、栄養バランスが崩れたり、カロリー過多になってしまったりするリスクがあるので注意しましょう。

ドッグフードを2種類混ぜる場合も、愛犬の体に適した量を守ることを忘れないようにしてください。フードにトッピングをした時はそのぶんドッグフードの量は減らして調整しましょう。

食事による愛犬の体調の変化があった時にすぐに気づけるように、日頃から様子を観察することも大切です。太ってきた時は量を多く与えすぎていないか、カロリーが高い食材をトッピングしていないか改めて考えてみてください。

【子犬のドッグフード】子犬のドッグフードの切り替えについて

子犬 ドッグフード

現在与えているドッグフードの食いつきが悪い時や他にもっと良さそうなドッグフードを見つけた時、成犬になって子犬用フードから成犬用フードに切り替える時など、子犬に新しいドッグフードを与える際は切り替え方法に注意しましょう。

犬、特に消化器官が未発達な子犬はとても胃腸がデリケートです。食べ慣れていないものを食べると消化不良を起こしやすいので気をつけてください。

急に一食全てを新しいフードにするのではなく、今まで食べていたフードのトッピングとして少量使うところからはじめて徐々に分量を増やしていきましょう。1~2週間ほどかけて切り替えをすることで負担にならずにすみます。

便や体調の変化を見ながら切り替えるのもポイントです。新しいドッグフードを与えはじめてから下痢をしたり吐いたりする場合は、新しいフードの割合を減らしたりいったん元のフードに戻したりして様子を見ましょう。体調不良が続いて心配な場合は、動物病院で相談してください。

子犬のドッグフードを切り替え(成犬フードへ)の注意点

犬は成長段階に応じて適切な栄養バランスや必要なカロリーが変わります。全年齢対応ドッグフードを与えていた場合は成犬になったタイミングで給与量を調整すれば大丈夫ですが、子犬用フードを与えていた場合は成犬用フードに切り替える必要があります。

いつまで子犬用か、成犬用に切り替える時期はいつなのかというのは犬種によって異なるので、愛犬に合ったタイミングで徐々に切り替えていきましょう。

注意点はいきなり新しいフードに切り替えると消化器官の負担になってしまうので時間をかけて慣らすことです。また早めに成犬用に切り替えてしまうと子犬の成長に必要なカロリーや栄養が不足してしまい、正常に発育できない恐れがあるのでフード切り替えの時期を間違えないことも大切です。

子犬の時期は犬種によって変わる

子犬 ドッグフード

犬種によって子犬の時期は異なるので、成犬用にドッグフードの種類や給与量を切り替えるタイミングもそれぞれ違います。

チワワやトイプードルなどの超小型犬・小型犬は成長スピードが速く、生後10ヶ月程度で成犬と同じ体の大きさまで育ちます。ドッグフードを成犬用に切り替えるのもこの時期を目安に試してみましょう。

コーギーなどの中型犬は小型犬よりやや遅く生後12ヶ月、ちょうど1歳になるころに成犬まで成長します。柴犬はもともと小型犬として考えられていましたが、小さめの犬が一般的となった現代では中型犬に分類されることも多い犬種です。

柴犬をはじめとする小型犬と中型犬の間に位置する大きさの犬を飼っている方は、愛犬の体格や成長具合に合わせて成犬になったタイミングを判断してください。

大型犬は成長スピードが最も遅く、成犬と同じ体になるまでに生後18ヶ月ほどかかるといわれています。

雑種やミックス犬は成長後のサイズが予想しづらく、子犬の時期がいつまでなのかもわかりづらいかもしれません。小型犬×小型犬のミックスなら生後10ヶ月を目安に、中型犬×中型犬のミックスなら生後12ヶ月を目安に、小型犬×中型犬のミックスなら間をとって生後11ヶ月前後を目安にするとよいでしょう。

愛犬の様子を見つつ、これ以上体格が大きくならなさそうだというタイミングで成犬用ドッグフードを与えはじめましょう。

【子犬のドッグフード】子犬のドッグフードの量は?

子犬 ドッグフード

ドッグフードの給餌量は犬の年齢や体重によって異なります。小型犬と大型犬では必要なエネルギー量に差があるので、それぞれの体に合った量を与える必要があります。

また体重や年齢が同じでも1日の運動量が違えば消費カロリーも違ってきます。愛犬の生活から飼い主さんが適した摂取カロリーや給餌量を見極めることが求められます。

ドッグフードの量が適正でないと、痩せてしまったり太ってしまったりという体重の変化があるだけでなく、子犬が正常に成長できない可能性すらあるので注意してください。

子犬か成犬かによっても必要な栄養の量が異なるので、成長に合わせて給餌量を調整したり子犬用ドッグフードから成犬用ドッグフードに切り替えたりすることが重要です。

子犬の食事回数は1日に2~4回程度です。生後6ヶ月ごろまでは3~4回、生後6~12ヶ月ごろまでは2~3回を目安にしましょう。成犬よりも子犬の食事回数が多い理由は、子犬は消化器官が未発達で一度にたくさんのフードを消化吸収できないからです。

少量ずつわけて与えることでお腹の負担にならないので、子犬が消化不良を起こすリスクを減らせます。愛犬のお腹に優しい与え方を心がけましょう。

食事の時間帯は、1日3回なら8時・14時・20時のように朝・昼・晩で同じくらいの間隔を空けて与えるとよいでしょう。ただし飼い主さんの仕事の都合などで昼食のタイミングで食事を用意できないケースも多いかと思います。

時間や回数は飼い主さんのライフスタイル次第で調整して大丈夫なので、毎日必要な量を食べてもらうことが重要です。ご紹介した時間や回数については参考程度に考えていただければよいでしょう。

ドライフードの食いつきが悪い場合は、嗜好性が高いウェットフードやフリーズドライフードを与えることもあるでしょう。ウェットフードは水分量が多めのドッグフードです。商品ごとに給餌量の目安が定められているので、愛犬の1日あたりの適量を確認して食事回数で割った量を与えてください。

フリーズドライフードは、食材を冷凍した後に真空状態で乾燥させたものです。水やぬるま湯でふやかすのが基本的な与え方になります。ウェットフードと同様、商品ごとに適量やふやかし方の説明があるはずなのでしっかり確認しましょう。

ドライフードとウェットフード、フリーズドライフードを使い分けて上手に活用し、愛犬の食生活を豊かで健康なものにしてあげましょう。

子犬への餌の量の計算方法

ドッグフードの公式サイトやパッケージに掲載されている給与量は、あくまでも目安です。愛犬に必要なカロリーからより正確な給与量を知りたいという方は、ぜひ電卓を使って自分で計算してみましょう。

まずは1日安静に過ごしているだけで消費するカロリー、つまり生きているだけで必要になるカロリーを算出します。

計算式は【70×体重(kg)0.75=安静に過ごした場合の消費カロリー】です。

例として愛犬の体重が3kgの場合を計算してみましょう。電卓を使用して体重の0.75乗を求める方法は、体重×体重×体重の答えに√を2回押します。その答えに70をかけると安静に過ごした場合の消費カロリーになります。

3×3×3=27
27√=2.2795…
2.2795…×70=159.56…

計算の結果、体重3kgの犬が安静に過ごしているだけで消費するカロリーは159.56kcal
であることがわかりました。

続いて、先ほど算出した安静に過ごした場合の消費カロリー(159.56kca)に愛犬のライフステージや状態に適した係数をかけて、1日に必要なカロリーを算出します。

計算式は【安静に過ごした場合の消費カロリー×係数=1日に必要なカロリー】になります。

ライフステージや状態ごとの係数は子犬か成犬かシニア犬か、避妊や去勢をしているかどうか、肥満気味かどうかによって異なります。子犬は生後4ヶ月以内だと3.0、生後4ヶ月以上だと2.0が係数になります。体重3kgで生後4ヶ月以上経った犬の場合を計算してみましょう。

159.65…×2.0=319.13…

つまり体重3kgで生後4ヶ月以上の子犬が1日に必要とするカロリーは319kcalとなります。

必要なカロリーがわかれば、愛犬に適したドッグフードの給与量も計算できます。

計算式は【1日に必要なカロリー÷ドッグフード100gあたりのカロリー×100=1日の給与量】です。

たとえば100gあたり380kcalのドッグフードを与える場合は以下のように計算します。

319÷380×100=83.94…

1日あたり約84gが愛犬の適切な給与量であることがわかりました。電卓を使用すれば簡単に計算できるので、ぜひ試してみてください。ネット上には愛犬の体重などの情報を入力すると自動で必要カロリーやフードの給与量を算出してくれるサイトもあるので、そちらを利用するとより簡単です。

子犬のドッグフードをふやかすのはいつまで?

子犬のドッグフードをふやかすのはいつまで?この結論は概ね生後3ヶ月ごろまでの方が多いようです。

生後3ヶ月くらいまでは消化器官の発達が進んでいないためですね。

そのままドライフードなどを与えてしまうと消化できずに下痢や嘔吐をする原因になります。

ふやかすことで消化能力が低い子犬でも栄養をしっかり吸収することができるようになります。

犬用のミルクや水、お湯などでふやかす人が多いようです。

しかし3ヶ月後からきっちりふやかすのを辞めた方が良いというわけではありません。

子犬のうんちの状態や食べている様子を確認しながらふやかすのをやめるかどうかを判断するとよいと思います。

関連記事:【ドッグフードのおすすめは?】安全・安心で比較!犬の餌ランキング

タイトルとURLをコピーしました