【カナガンウェットの評判】安全性は?ドッグフードを評価

カナガンウェットの評判/カナガンウェットドッグフードを評価!

カナガンウェット 評判

価格 通常価格3,520円(税込)、最安値2,816円(税込)
内容量 400g
100gあたりの価格 通常価格円293(税込)、最安値234円(税込)
1日あたりの価格 体重5kgの成犬の場合586円(税込)、最安値468円
粒の大きさ
粒の形状
カロリー 105.82kcal/100g
主原料 チキン
原産国 イギリス
フードタイプ ウェットタイプ
種別 総合栄養食の基準を満たす
販売会社 株式会社レティシアン

カナガンウェットは、人間の食事と同じレベルの食材を使ったヒューマングレードのドッグフードで、香料や着色料などの添加物不使用なので、安心して愛犬に与えられます。

また、穀物を使用しないグレインフリーのドッグフードでもあるため、穀物アレルギーやアレルギーが気になる愛犬の飼い主さんからも選ばれています。

良質なチキンをたっぷりと使い、栄養豊富な野菜やフルーツも厳選して配合しているので、犬の健康を維持するための栄養を摂取することができます。

全犬種・全ライフステージ対応で、高タンパク質のドッグフードなので、成長期の子犬から消化機能が衰えてきたシニア犬まで、美味しく食べて毎日元気に過ごせるようになります。

カナガンウェットの評判/カナガンウェットの食いつきなど実際の口コミ

カナガン ウェット 評判

カナガンウェットドッグフードの口コミを見てみると、食いつきに関して、「美味しそうに食べてくれた」という良い評判と「全く食べなかった」という悪い評判があります。

なぜこのような真逆な意見が出るのかというと、食べなかった犬は、これまでの慣れ親しんだドッグフードから急にフードを替えたことが原因だと考えられます。犬はフードの香りや味、歯ごたえなどに敏感なため、警戒している可能性があります。

これまでドライフードを食べさせていた場合は、ウェットフードにすると戸惑うこともあるので、前のドライフードに少しずつ混ぜながら、徐々に切り替えることが大切です。

カナガンウェットオフィシャルサイト:https://www.canagandogfood.co.jp/

カナガンウェットの悪い口コミ

カナガンウェットの口コミには、次のような悪い口コミが見られます。

「お肉がたっぷり入っていて、栄養バランスも整っているドッグフードということでカナガンウェットにしたけど、愛犬は全く食べてくれなかった」

「ドッグフードの中でもかなり価格が高いけど、愛犬の健康のために購入。でも、ほとんど食べてくれなかったので残念」

カナガンウェットを購入している人の多くが、愛犬の体の健康を考えて選んでいるようです。

悪い口コミには「価格が高すぎる」という意見も多いですが、栄養豊富な原材料を使用し、穀物不使用なグレンフリーで、品質に徹底的にこだわっているため、どうしても価格は高くなってしまいます。それだけ内容の優れたドッグフードということも理解して購入しているようです。

コスパが気になる方は、ドライフードのトッピングとして与えても良いでしょう。特に、カナガンのドライフードと合わせれば、理想的な栄養バランスになります。

ただ、栄養がしっかり摂取できても愛犬が全く食べてくれなかったら意味がありません。犬がドッグフードを替えた時に食いつきが悪くなる理由のほとんどが、急に違う香りや味になったことへのストレスや警戒心です。新しいフードへの切り替えは数日かけて慎重に行いましょう。

また、「お腹を壊してしまった」という口コミもあります。

ウェットタイプのドッグフードは水分量が多いので、胃が驚いてしまうことがあります。愛犬の様子を見ながら、少しずつ与えたり、これまで与えていたドライタイプのドッグフードに混ぜたりして慣れさせることが大切です。

カナガンウェットの良い口コミ

カナガンウェットを試した飼い主さんの口コミの中で、良い評価をしている方の意見を紹介します。

「かなり食いつきが良く、美味しそうに食べてくれる」

「ウェットタイプだから歯が弱くなってきた愛犬も食べやすそう」

「野菜がたくさん入っているから愛犬も美味しそうに食べてくれる」

良い口コミで最も多いのが「食いつきが良い」ということです。

カナガンウェットは新鮮なチキンをたっぷりと使い、缶詰めに美味しさを閉じ込めているので、開けた瞬間に美味しそうな香りが広がり食欲をそそります。

水分が多くて食べやすいので、歯が弱ってきてドライフードを食べなくなったシニア犬にもおすすめです。

「栄養価が高いから安心して与えられる」という意見も多いです。

カナガンウェットの原材料には、消化に良い上質なチキンや、ビタミンやミネラルも豊富に含む野菜や果物もふんだんに使っています。

また、缶詰タイプのドッグフードは、犬の健康に悪影響を及ぼす着色料や保存料などの化学添加物が使用されているものが多いですが、カナガンウェットは一切使っていません。

原材料を見て何かわからないものが使われていると不安になりますが、カナガンウェットは安心感と信頼感の強いドッグフードとして、多くの愛犬家に認められています。

カナガンウェットの評判/カナガンウェットのメリット・デメリット

カナガンウェット 評判

カナガンウェットは厳選された原材料を使い、品質管理に徹底した工場で作られている優秀なドッグフードですが、人によってはデメリットと感じることもあります。

それは、「鶏肉アレルギーの犬には与えられない」ということです。カナガンウェットは、グレインフリーで食物アレルギーのリスクが低いドッグフードですが、愛犬が鶏肉アレルギーの場合は与えることができません。

また、他の原材料にアレルギーを持っていることもあるので、アレルギー反応が出た場合は、すぐに獣医師の診察を受けましょう。

また、「3缶セットでしか買えない」ということもデメリットになる方もいます。カナガンウェットは、基本的に3缶1セットで販売されているので、「まずは1缶だけ購入して試したい」という飼い主さんには向いていません。

1度購入すると3缶全てを食べさせないといけないので、もし愛犬の食いつきが悪い場合は、残りが無駄になってしまいます。

ドッグフードの中でも高品質であることと、3缶1セットでの販売ということで、「価格が高い」こともデメリットでしょう。

通常価格だと3,520円(税込)で、定期コースを利用して10%オフになっても3,168円(税込)なので、これを継続するとなるとかなり維持費がかかります。

コスパを重視する飼い主さんにとっては大きなデメリットと言えるでしょう。

カナガンウェットオフィシャルサイト:https://www.canagandogfood.co.jp/

カナガンウェットの評判/カナガンウェットの原材料等の安全性を評価

カナガンウェット 評判

カナガンウェットは、原材料に人間も食べられるレベルのヒューマングレードの食材を使い、グレインフリーで無添加のドッグフードで高い評価を得ています。

獣医師も推奨する優れた品質で、原材料の65%が高タンパクで低カロリーのチキン生肉です。新鮮な状態で缶詰に入っているので、開けた瞬間お肉の良い香りが漂い、犬の食いつきも抜群です。

その他にも、原材料にはサツマイモやリンゴ、ニンジンなどの野菜やフルーツもたっぷりと使い、犬が健康に過ごすために必要な栄養を摂取するこができます。

また、骨や関節、歯の炎症を予防する緑イ貝も配合されているので、シニア犬にもおすすめです。

カナガンウェットオフィシャルサイト:https://www.canagandogfood.co.jp/

カナガンウェットの原材料を評価

缶詰に入ったウェットタイプのペットフードには、人間が食べられない4Dミートが含まれていたり、かさ増し目的の穀物を使っていたり、着色料や香料、保存料などの人工添加物を配合したり、安全性が低い原材料を使用しているものも多いです。

しかし、カナガンウェットは原材料一覧を見てみも、危険な原材料は一切使われていません。

また、缶を密封した状態で1時間以上かけてじっくり加熱調理しているので、純粋な素材の美味しさが詰まっています。

市販のドッグフードよりも価格は高くなりますが、良質な材料だけを使っており、品質管理の徹底した工場で作られているので、安心して愛犬に与えられます。

カナガンウェットはヒューマングレード

カナガンウェットはヒューマングレードの食材を使って作られています。ヒューマングレードとは、人間が食べる食品の基準を満たした原材料を使ったドッグフードということです。

ドッグフードは、人間用の食品のように厳しい安全基準がないため、本来廃棄すべき肉の部分が使われている4Dミートが原材料として使用されているものも多くあります。

そのような劣悪な商品が出回っている状況で、全て人間が食べられる品質の材料が使われているカナガンウェットは、多くの愛犬家から支持されています。

カナガンウェットはグレインフリー

カナガンウェットは穀物不使用のグレインフリーのドッグフードです。犬は、穀物の入ったドッグフードを食べると、消化不良を起こして下痢になってしまうことがあります。

なぜ穀物は消化しにくいのかというと、犬は本来肉食動物なので、体の構造上、穀物などをうまく消化できないからです。穀物を多く摂取し、胃や腸で長く滞留すると、下痢や嘔吐を起こしてしまうことがあるのです。

カナガンウェットの原材料はチキンが中心で、穀物を一切使用していないので、消化が苦手な犬でも下痢しにくいです。また、消化に良いさつまいも使っているので、ビタミンCやカリウム、食物繊維などを摂取でき、愛犬の健康をサポートします。

カナガンウェットの成分を評価

ペット先進国・イギリスで作られているカナガンウェットは、「FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)」の厳しい基準をクリアした工場で製造されています。

ただ、日本のペットフード公正取引協議会は「AAFCO(全米飼料検査官協会)」の栄養基準を採用しています。

AAFCOの定めた栄養基準をクリアしたドッグフードは、「総合栄養食」と記載することを認められており、そのドッグフードと水だけで十分な栄養が摂取できることも意味しています。

カナガンウェットには「総合栄養食」という表示がないので心配される飼い主さんも多いでしょう。

AAFCOのタンパク質と脂質の基準を確かめてみると、タンパク質の幼犬用基準は22.5%以上・成犬用基準は18.0%以上、脂質の幼犬用基準は8.5%以上、成犬用基準は5%以上です。

カナガンウェットの成分一覧には、粗タンパク質10.5%、脂質6.1%と記載されています。これだけ見ると、AAFCOの基準を満たしていないと不安になってしまうかもしれません。

しかし、100gあたりのタンパク質や脂質、カロリーを見るとかなり低いですが、カナガンウェットは水分量75%も含み1日の給餌量が多いので、実際には、一般的なドッグフードと同じくらいの数値になり栄養不足になることはありません。

カナガンウェットは栄養あるの?

カナガンウェットは、良質で新鮮なチキンを使用し、サツマイモやニンジン、ブロック、リンゴといったビタミンやミネラルが豊富な野菜や果物をバランス良く配合しています。栄養満点な緑イ貝やオメガ3脂肪酸も使用し、愛犬の健康をしっかりサポートします。

緑イ貝は、タウリン、ビタミンB2/B12、鉄分、コンドロイチン、グルコサミンなどを豊富に含んでいるので、シニア犬の関節ケアにおすすめです。

オメガ3脂肪酸は抗炎症作用のある栄養素ですが、体内で作り出すことができません。カナガンウェットを与えることで、普段の食事から摂取できるようになります。

製法にもこだわり、128度の温度で1時間以上かけてゆっくりと火を入れることで、ビタミンなど栄養素の損失を最小限に抑え、品質を維持し美味しさも閉じ込めます。

嗜好性も高いので、栄養満点の食事を美味しく食べられる万能フードと言えます。

カナガンウェットの添加物

市販されているドッグフードには、見た目を良くするために着色料や発色剤を使用しているものがあります。しかし、犬は食べ物の見た目に全く興味はなく、食事を判断するのは嗅覚だけです。

また、食いつきを良くする目的で、香料を使用している商品もありますが、低品質の原材料を使っていることをごまかすために香りを付けている可能性があります。

着色料や香料、発色剤、酸化を防ぐために使われる酸化防止剤などは、石油やタールで作られているものもあり、発がん性が指摘されているため、危険な添加物として多くの国では使用が禁止されています。

日本では添加物の基準が甘く、ドッグフードに関する法律に対して心配なところがありますが、カナガンウェットは人工添加物を一切使用しないので安心して与えられます。

カナガンウェットはアレルギー配慮されている?

カナガンウェットはグレンフリーなので、アレルギーの危険性のある穀物は含まれておらず、穀物アレルギーのある犬には安全なドッグフードです。

また、着色料や香料、保存料などの人工添加物も一切使用していないので安心です。ただし、新鮮なチキンたっぷりと使用しているので、鶏肉アレルギーの犬には与えることができません。

それに、他の原材料に対してアレルギーをもっている可能性もあります。愛犬がどの原材料にアレルギーをもっているかわからない場合は、動物病院で検査してから購入すると安心です。

カナガンウェットの生産の安全性

カナガンウェットの生産工場では、専任の品質管理官6名体制で品質チェックしています。衛生管理に徹底した後方で作られるドッグフードは、「IFS(国際食品規格)」にも適合するクオリティの高さです。

IFS(国際食品規格)とは、「International Food Standard」の頭文字を取ったもので、製品の製造や包装過程、卸、輸送などにおいて、汚染の危険性を監査する国際規格です。

大切な家族の一員である愛犬に安心して与えられるように、徹底的な衛生管理が行われてれているのです。

カナガンウェットの口コミ/カナガンウェットの価格/最安値は?amazon・楽天・公式を比較

カナガンウェット 評判

カナガンウェットの最安値(税込み)

楽天 amazon 公式サイト
通常価格 4,224円 3,520円
定期購入 3,168円(1セット)
2,992円(2セット以上)
2,816円(7セット以上)
送料 704円
※税抜き10,000円以上

カナガンウェットは、公式サイトとamazonで販売しています。

公式サイトでは、通常購入で1セット購入する場合3,520円(税込)に送料704円がかかるので、総額4,224円(税込)になります。

amazonで購入する場合は送料無料で4,224円(税込)になります。そのため、公式サイトで通常購入する場合は、amazonと同じ価格になるということです。

ただ、公式サイトで定期購入すれば、1セットの購入でも通常価格の10%オフで購入でき、1セット3,168円(税込)になり送料を含めても3,872円(税込)になります。

つまり、amazonよりも安くなるため、公式サイトの定期購入が最安値となります。

なお、amazon以外のECサイトでカナガンウェットを取り扱っているか調べてみると、楽天、Qoo10、PayPayモールでは販売されておりませんでしたが、ヤフーショッピングでは5,658円(税込)で、au PAYでは6,174円(税込)で販売されていました。

どちらも公式サイトの価格よりもかなり高いですし、正規の販売店ではないためおすすめできません。

カナガンウェットオフィシャルサイト:https://www.canagandogfood.co.jp/

カナガンウェットのamazonは最安値ではない

カナガンウェットの1セット購入する場合の通常価格は3,520円(税込)です。送料が無料になるのは4セット以上購入する場合なので、1セットでは送料704円(税込)がかかり、総額4,224円(税込)になります。

amazonの価格を調べてみると、4,224円(税込)に送料無料なので、公式サイトの通常価格と同じということになります。同じ価格なら、普段からamazonを利用している人は、そちらで買った方が気軽に買えると思うかもしれません。

しかし、公式サイトには定期コースが用意されており、1セットだけでも10%の割引価格で購入できます。1セットあたりの価格は3,168円(税込)になり、送料を含めても3,872円(税込)なので、amazonで購入するよりも352円安く購入できます。

また、定期コースを利用してまとめ買いすると、最大20%オフで購入できるので、1袋あたり2,816円(税込)になり、通常価格よりも704円も安くなります。

カナガンウェットを継続して購入したいと考えている飼い主さんは、定期コースでまとめ買いすることをおすすめします。

カナガンウェットは公式で購入が◯

カナガンウェットを購入する際に、公式サイトの定期コースを利用することで、最大20%オフで購入できます。

カナガンウェットの通常価格は3,520円(税込)ですが、定期コースなら1セット10%オフで3,168円(税込)になります。

もし、1セット購入して愛犬の食いつきが悪く、継続できそうにない場合でも、次回お届け日の7日前までに手続きすれば、定期コースの解約も簡単できます。お試しで1セット購入する場合も、定期コースで注文することをおすすめします。

また、定期コースで3セット以上まとめ買いすれば15%割引になるため1セットあたり2,992円(税込)になり、7セット以上のまとめ買いは20%割引の2,816円(税込)になります。

さらに、4セット以上まとめ買いすると、税抜き10,000円以上になるので、送料と代引き手数料が無料になります。

カナガンウェットの定期コースはいつでも解約可能

カナガンウェットの定期コースは、1回の購入だけでも解約できますし、解約金がかかることもありません。ただし、次回発送日の7日前までに手続きを行わないと、商品が発送されてしまうので注意が必要です。

解約方法は、電話、お問い合わせフォーム、マイページの3つの方法があります。

電話の場合は、受付時間に電話をかけて解約したい旨を伝えてください。

お問い合わせフォームで連絡する場合は、公式サイトの「お問い合わせフォーム」から手続きを行ってください。
マイページで手続きする場合は、公式サイトの「マイページ」でログインして、手続きを進めてください。

マイページは24時間受け付けているので便利ですが、次回発送予定日の7日前間際の場合は、電話で手続きした方が確実かもしれません。

カナガンウェットの口コミ/カナガンウェットフードの給餌量

カナガンウェット 評判

カナガンウェットのみを与える場合、1日の給餌量と1ヶ月あたりにかかる費用を4kg、25kg、45kgの犬に分けて紹介します。なお、ここでは公式サイトの通常価格で計算します。

  • 4kgの犬の場合、1日の給餌量は約175gで512円、1ヶ月あたり15,360円になります。
  • 25kgの犬の場合、1日の給餌量は約1100gで3,223円、1ヶ月あたり96,690円になります。
  • 45kgの犬の場合、1日の給餌量は約1500gで4,395円、1ヶ月あたり131,850円になります。

子犬、成犬、老犬に与えるときの与え方や注意点を紹介します。

・子犬の場合
子犬は急成長する時期なので、体重をこまめに量って給餌量を決める必要があります。月齢だけで決めると、栄養の摂りすぎたり不足したりしてしまいます。

食事の回数について、生後10週までは消化器官への負担を減らすために、1日分の給餌量を4回程度に分けて与えましょう。生後3ヶ月を過ぎた頃からは1日3回に分けて与え、生後5~6ヶ月頃からは1日2回程度にします。

・成犬の場合
成犬の給餌量の目安は、15kgまでは体重の1.2%程度与え、15kg以上は1%程度与えましょう。食事を与える回数は、1日2回で大丈夫です。
ただし、給餌量については、個体差や運動量などによって変わってくるので、体重を量りながら調節してください。

・老犬の場合
老犬になると、消化率や代謝率が低下してくるので、食事の量が多すぎると内臓や消化器官に負担を与えてしまいます。成犬の量よりも20~30%程減らし、1日2~3回に分けて与えましょう。

カナガンウェットを愛犬の食事として与える場合にかかる費用を紹介しましたが、かなり高額でコスパが悪くなってしまいます。そのため、ドライフードのトッピングとして与えるのがおすすめです。

カナガンウェットオフィシャルサイト:https://www.canagandogfood.co.jp/

カナガンウェット/カナガンウェットドッグフードのQ&A

カナガンウェット 評判

カナガンウェットの保存方法

カナガンウェットは缶詰めで密封されているため、ドライフードに比べて酸化しにくいです。開封前なら常温で保管でき、かなり長く保存することができます。

ただし、水分を多く含むドッグフードなので、開封すると細菌やカビが繁殖しやすくなります。開封後は、2日以内に食べさせるようにしましょう。

開封後の保存は、冷蔵庫と冷凍庫で保存すると良いです。その方法は、まず、缶詰の中身を全て取り出して、2~3日分に小分けします。

すぐに与える分はタッパーに入れて冷蔵庫で保存し、すぐに使わない分は1つずつラップに包んでフリーザーパックに入れて冷凍庫で保存します。

解凍する際は常温で自然解凍させてください。冷凍保存したものでも、2~3日で使い切りましょう。

関連記事:ドッグフードの正しい保存方法は?容器が良い?

カナガンウェットの賞味期限

カナガンウェットの賞味期限は、缶の裏底を確かめてください。最後の6桁が賞味期限で「日/月/年」を表しています。

未開封の場合、正しく保存していれば約3年保存できますが、開封後はできれば開封した日のうちに使い切るのが理想ですが、遅くても2~3日以内には使い切りましょう。

カナガンウェットが日持ちしない理由は、一般的なドッグフードは10%程度の水分量ですが、カナガンウェットは75%も含まれているので、酸化や腐敗が進んでしまうからです。保存方法を必ず守り、新鮮なうちに愛犬に与えましょう。

また、未開封の場合でも、直射日光が当たらず風通しが良くて涼しい場所に保管しましょう。

カナガンウェットは子犬やシニア犬に与えても良い?

カナガンウェットは、全犬種・全年齢対応のドッグフードなので、これからどんどん成長していく子犬にも、徐々に食欲が落ちてきて心配なシニア犬まで与えることができます。

また、ウェットフードは水分を多く含んでいるので、フードの硬さの心配もありませんし、消化器官の未熟な子犬や、消化機能が低下してきたシニア犬にもおすすめです。

給餌量をしっかり確認して与えることで、子犬からシニア犬まで必要な栄養素をバランス良く摂取できますし、犬の好きなチキンをたっぷり使っているので、食が細くなってきた犬も美味しく食べられます。

特に、グルコサミンやコンドロイチンなど関節に効果的な緑イ貝を配合しているので、関節トラブルを起こしやすいシニア犬には適しています。

カナガンウェットオフィシャルサイト:https://www.canagandogfood.co.jp/

関連記事:【ドッグフードのおすすめは?】安全・安心で比較!犬の餌ランキング

タイトルとURLをコピーしました