【ディアラ馬肉パーフェクトミンチ/犬用の口コミ】評判や安全性を評価

ディアラ

我が家の超大型犬レオンベルガーは、お腹が弱いので手作りご飯を与えています。

でも、旅行などに連れて行く時に、手作りご飯がいつでも作れるかといえば、それが難しい時もあります。

環境が変わってストレスがかかっているうえ、普段食べ慣れない市販のドッグフードをあげると、翌日には、下痢をし、その後は、ご飯を食べなくなってしまう我が家のワンコのために、試行錯誤した結果、見つけたのがディアラのドッグフードです。

ディアラ馬肉の安全性

ディアラのドッグフードの特徴は、生の馬肉です。

我が家では、馬肉パーフェクトミンチという商品食べさせています。

馬肉パーフェクトミンチの原材料は、馬赤身、馬心臓、馬肝臓、馬肺、馬腎臓、馬脾臓、馬骨、軟骨が入っています。

生の馬肉と聞いて、眉をしかめる飼い主さんもおられるでしょう。

実は、身体の構造が肉食という構造を兼ね備えた犬にとって理想の食とは、自然界の肉食動物と同じく、加熱していない、新鮮な生の状態の物を、肉、内臓、骨と全体を食する事なのです。

そして、現在の日本では、馬のみが、生で食する事が出来る食材といえます。

なぜならば、馬は、飼育中に抗生剤やホルモン剤の投与がほとんどされていないうえ、体温が高いので、筋肉や内臓に寄生虫がいない点も安全性が高いのです。

ディアラは、もともと人間の馬肉専門メーカーなので、人の食用レベルの高品質な生馬肉のドッグフードを作る事が出来たのだと思います。

食べさせた効果

食べる犬

このドッグフードを食べると、ほとんどの成分が吸収消化されるので、ウンチがとても小さいうえ、臭くありません。

また、市販のドッグフードを食べさせると、犬に体臭が出始めますが、馬肉パーフェクトミンチを食べさせていて、犬から体臭が臭った事がありません。

ドッグフードは、キューブ状で小さいので、我が家の小型犬達も、問題なく食べています。

手作りご飯は、面倒、でも、市販のドッグフードにも不安があるという飼い主さんには、是非試して頂きたい商品です。

ただし、長年、ドライフードなどの加熱加工食を与えていたワンコさんの腸内には、生の肉を消化する環境が整っていないですから、少しづつ慣らしていくところから始められたら良いと思います。

市販のドッグフードよりお値段は高めですが、健康で病気しらずになります。

動物病院に通う事を思えば、トータルで、家計に優しく、また、大切なワンコの幸せのためにも、最良のドッグフード選択だと思います。

関連記事:【ドッグフードのおすすめは?】安全・安心で比較!犬の餌ランキング

タイトルとURLをコピーしました